レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

fg9********

4.0

もうひとりのローランド・エメリッヒ

 …あらすじは、解説のとおり。  オープニングは現代のニューヨークで、遅刻してきた役者のおじさんが舞台に上がり次のように語るところから始まる。  『数多くの名作を書き残してきたウィリアム・シェイクスピアだが、彼の親はしがないガラス職人であり、彼の作品の直筆原稿は400年間一つも見つかっていない。』  という事実もちっとも知らなかったが、話はどうやら、シェイクスピア別人説の謎に迫ったミステリーらしいと愉しみに観始める。  するとそこに、16世紀のエリザベス王朝が絡んで、宮廷における陰謀やら愛憎やらも絡まって、カタカナの○○王やら○○伯やらの字幕スーパーに追い付けず、時代も過去と現在が入り組んで頭の中は混乱しきり。  先のレビュー様のとおり2回見が必要かと思われたが、中盤以降は段々と頭の整理が付いて来て、終盤の『言葉・劇』で民衆の心を煽り、仇敵に一矢を報いて時代を変えようとする計画はなかなかスリリングだった。  結末もズシリと重いなかなか見応えのある作品だった。  ローランド・エメリッヒ監督というと、『インデペンデンス・デイ』、『GODZILLA』、『デイ・アフター・トゥモロー』、『紀元前1万年』など、繊細さとは無縁な作品しか思い付かなかったが、本作で『もうひとりのローランド・エメリッヒ』に出会えたような作品だった。

閲覧数932