レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

you********

4.0

ウィリアム・シェイクスピアという戯曲

ある者はこれを戯曲といい ある者はこれを歴史という そんなローランド監督他、ジョン・オーロフがしたためた【ウィリアム・シェイクスピアという名の戯曲】を見た感じでした。というよりそうなんでしょう。 タイトルは「ウィリアムシェイクスピア」だけでも良かったような気がします。もう一人といえばそうなんですが、タイトルに説明されるのは残念です。 歴史としてこの映画をみたならば明らかに失笑です 彼らの近親相姦話など本当にギリシャ神話のような絵空事。 しかしそれを戯曲として見たならば 始まりと終わりに出てくる男がそれをきちんと表現してくれます。私たちは戯曲を見ていたのだと。 これはあくまでお伽噺。 シェイクスピアがどんな人間だったのか。 あの時代に何が起きて、なぜあんな作品の数々が産まれたのか。それを役者たちが脚本家の言葉に従いながら嘘と真実の入り交じったフィクションを完成させた。そんな映画でした。 歴史としてはバカボンの西から太陽東に沈むなんていうホラ吹きほどに参考にしてはいけませんが、一つのお伽噺としては素晴らしい出来だったと思います。 気持ちは星4寄りの3ではありますが、もう少し広まってもという気持ちを込めて星4つを。ローランド監督の名に埋もれる脚本家オーロフ他指揮監督たちにも拍手と敬意をここに。

閲覧数711