レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

aozora

4.0

あの彼が... カッコ良かった!

シェイクスピア&コスチューム物とりわけ欧州物が好きで期待して鑑賞 結果・・・満足! 謎の多いシェイクスピアをどう扱うか、 をテーマに、実在の人物を絡めたあくまで過程のお話 自分もそうでしたが、 シェイクスピアの個々の作品のエピソードを期待してしまうと、 少々拍子抜けするかも... リス・エヴァンスの威厳ある伯爵役はよく合ってました ダニエル・クレイグと共演した『Jの悲劇』の彼が、 こんなに素敵になってるなんて知らなかったのは不覚... 老いさらばえた(失礼...!)エリザベス役の、 ヴァネッサ・レッドグレーヴの迫力には脱帽... 『ジュリエットからの手紙』の品のあるお婆様役とは全く違う、女王様ぶりはさすがの貫録かと... 他の方も書いてらっしゃいますが、 冒頭、最後の演出も好きでした 満点でないのは、 やはりちょっと疑問の残る個所が残るから。 画面から消えろ!って思ったほど、 シェイクスピアはものすごく不快な人物に思えたし... けど、 それを差し引いても観て良かったと思っています ・お薦め、 イギリス、歴史、シェイクスピアに抵抗ない人 人物たくさんでても、怒りを覚えない人 ・お薦めできない人 世界史、テューダー朝とか聞いただけで蕁麻疹が出る方 シェイクスピア嫌いな人 史実に忠実さを求める人 今後、『ノッティングヒルの恋人』を観ると、 リス・エヴァンスのあまりの落差に出てきただけでも笑えるかも... とも思った満足の作品でした

閲覧数326