レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

kyo********

5.0

素晴らしいの一言です

偉大な文豪の「真実」を描く。それには最高の映画芸術で応えなければならない。 それを見事に成し遂げている。 複雑な歴史の知識はさして必要ではない シェイクスピア劇が生まれた背景を想像することで、人間の歴史に潜む普遍性が浮かび上がってくる。それを感じれば良い。 400年前の英国に足を踏み入れた臨場感、バロック絵画を思わせる完璧な映像、テンポの良い話の流れ、どんでん返しで面白さを堪能できる。 真のシェイクスピアであった人物が若年と老年で異なる俳優が演じたのは、導入部で話を分かりづらくした。女王を別の役者が演じたのとバランスを保ったのかどうか、理由は不明だが、同じ役者の方が親切だったように思う。 偽物のシェイクスピアが肖像画とそっくりなのは良かった。 有無を言わせない完成度であり、いつか、もう一度見たくなる映画である。 歴史に対する尊敬と誇りがない場所では絶対に作れない。

閲覧数705