レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

千鳥

1.0

ネタバレ正直つまらない

シェイクスピアの存在を、ただの王家の権力争いのオマケ程度に貶めたくだらないストーリー。これは酷い。 その騒動自体も、ありきたりの域を超えないつまらないものでした シェイクスピア別人説自体は面白い話なのに、非常に勿体無いと言わざるをえませんね あと気になったのは物語の見せ方が非常に「下手」だったこと 例えば始まってすぐ、ころころと映画内の時間が変動します 現代→シェイクスピアの時代→そこから5年前→そこからさらに数十年前 これギャグでやってるんですかね^^; まだ登場人物のキャラを掴む前に、ころころと「意味の無い時間移動」をされるもので、非常に物語に入り込みにくいと感じました また冒頭でも述べましたが「シェイクスピア」という存在の扱いの酷い事、酷い事。 例えば誰でも知ってるような、名作「ロミオとジュリエット」とかさ、ちょろっと「こういう劇演じたよー」って名前言われて終わりですよ? これは酷い。 シェイクスピア好きな人ほど落胆激しいんじゃないですかね 結論としては、見る価値はほぼ無し 他の映画みた方がよっぽど楽しめると思いますよ

閲覧数1,137