レビュー一覧に戻る
もうひとりのシェイクスピア
2012年12月22日公開

もうひとりのシェイクスピア

ANONYMOUS

PG121292012年12月22日公開

mas********

5.0

エメリッヒの最高作

今さら言うまでもなく『インデペンスデイ』の監督作だ。 大ざっぱ、大げさ、妄想的な彼の、いわゆるディザスタームービーとは一線を画し、教えられなければ、彼の作品とは気付かないであろう。  過去には『パトリオット』など、歴史映画も撮っていた彼だが、この映画は、同じシェイクスピア映画の勘違いアカデミー賞作『恋におちた…』よりも優れている。  ほかの方が言われる通り、少々歴史の知識が必要な作品である。  しかしながら脚本は『恋に落ちた…』より繊細であり、エメリッヒらしく、風景描写も大きく、当時の英国を仔細に再現している様は、見事としか言いようがない。  様々な歴史や芸術には謎が付きものだ。例えばキリストやダヴィンチ、彼らの存在も怪しく、色々な憶測が飛び交い、『ダヴィンチ・コード』というベストセラーが生れた。わが国日本も、例外ではない。卑弥呼や本能寺の変の真相etcなど、枚挙にいとまがない。そもそも歴史など書物に書かれている事の主観的事象に過ぎず、記述の積み重ねである。真実は、書き手の心の真中にしかない。    そもそも難解なシェイクスピア作品のタイトルロールが付いている限り、敷居が高いかも知れない。ハードディスクがいっぱいになったので、衛星放送で放映された物を消化気分で観賞したら、思いのほか秀作だったに過ぎない。  ところがいざ観ると、次第に引き込まれる。欠点は、時系列の分かり難さと、西洋史に興味がない方にとっては、単なる経過的作品であり、観ようという欲求が湧かない事である。しかも配役が有名どころではなく実力本位で選んだところも不幸であった。エリザべス役は、V・レッドグリイブよりも、J・デンチの方が華があり、英国史上最高の女王を演じる上で、迫力がある。その分、女王の女性の部分を犠牲にしなければならないけれども。  エメリッヒとっては傑作ながら、人々にはどうでも良い事がこの作品の興行的失敗をもたらした事である。  もったいないと思う。

閲覧数2,271