2012年9月15日公開

ストリッパー

R18+732012年9月15日公開
ストリッパー
2.6

/ 14

7%
7%
36%
36%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • mal********

    2.0

    ほとんどがステージシーンでした。

    2012年に公開された映画です。 母親亡きあと、幼い弟と妹のためにストリッパーとして生活を支えた主人公を描いた物語。 ストーリーは単純に楽しめますが、ストリップのステージシーンが映画の半分以上を占めています。確かに重要なシーンかもしれませんが、ちょっと多すぎじゃないかって思わされました。 まあ、そのステージを楽しむという意味では、まさにタイトル通りの映画だと思いますが・・・。

  • toy********

    3.0

    最後は本人次第ということ

    ストリッパーが世間から偏見を持って見られているのを分かっていつる仕事に誇りを持ってやっていることを示す映画。 この映画はストリッパーに対してではなく自分の息子の嫁になる人の姉がストリッパーだったらどう思うかがテーマ。本人ではないのだから関係ないと割り切れるか、女なんて沢山いるのによりによってと思うか。古い人ほど後者を思い、新しい人ほど前者なのだと思う。 なんでもそうだが、あっけらかんと喋ってしまえば、あとはその人自身の問題。隠すから変な噂が飛び交い誤解を生む。 深夜にやるB級映画にしては丁度良い面白い映画。 ところで、ストリップって福井県芦原温泉のあわらミュージックしか行ったことないが、可愛い子が一生懸命で、ポラサービスなどして、結構明るいエロって感じだった。でも名古屋のストリップはなくなってしまったし、結構需要が少なくなってきているのではと思う業界かなと思うが、風俗の歴史を刻む無くならないものの一つだと思うので、時代に応じて進化していってほしいと思う。

  • abu********

    3.0

    まずまず

    B級ミニシアター系邦画にしてはまずまずの出来でした。 ストーリーがちゃんとしてたしね。 自分自身はプライド持ってストリッパーという職業を 務めているけど、妹には同じ道を歩んでほしくないっていう。 そのへんの気持ちが人間味あっていいですね。 妹さんのセックスシーンやストリップシーンなども なかなかエロさが出ていて良かったです。 テレビで見る分にはまずまず楽しめたかな。佳作。

  • ken********

    3.0

    ストリップシーンの照明がきれい

    あっけらかんとした感じで楽しめる映画でした。 中盤のストリップシーンの照明がよくて、きれいでした。 残念なのは、ストリッパーの哀愁感がなかったかな。 周防ゆきこさんは、ストリップより、スーツ姿に萌える感じ。 香港映画の大作「SEX&禅」にも出てたんだよな。また、全然違う雰囲気でした。

1 ページ/1 ページ中