レビュー一覧に戻る
ボディ・ハント
2012年11月17日公開

ボディ・ハント

HOUSE AT THE END OF THE STREET

PG121002012年11月17日公開

rat********

4.0

ジェニファーの魅力満載!この展開に驚愕!

テレビの深夜枠を録画して鑑賞です。 いやー、面白かった。予想以上! 何よりジェニファー・ローレンスが最高。終始、セクシーな格好で、スケベオヤジは魅せられちゃいました。 それだけでも、かなりの高評価にしちゃうんですが、この作品のスゴいところは・・・ 娘が両親を殺めるところから始まるオープニングで、すっかり引き込まれちゃいました。 そして、犯人である娘は、捕まっておらず、森に潜んでいるという都市伝説となっていた。 まぁ、事件のあった家に兄貴が住んでいるという時点で、大方の予想はしていると思いますが、所々に違和感が・・・ 【ネタバレ】 先ず、頭をうって暴力化してしまった妹ということですが、やけに冷静な脱出方法を行ったところであれ? 誤って、殺めてしまったと思った妹が、次のシーンでまた監禁部屋にいる? 水色のコンタクトレンズが出てきたところで、違和感は確信に変わりました。 この兄貴、とんでもない野郎だった。 でも、あの親から考えると、ある意味被害者であったのかもしれない。 それにしても、あの警察官が可哀想。最後まで信じていてあげたのに、大した活躍もせず殺されてしまった。 大方のレビューにあるように、確かにラストがあっけない。あそこでもうちょっと盛り上がっていれば、★★★★★って感じかな。

閲覧数509