2012年11月10日公開

388

388 ARLETTA AVENUE

862012年11月10日公開
388
2.3

/ 68

10%
7%
22%
21%
40%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(44件)


  • nyj********

    2.0

    盗撮

    肌に合わない映画でした。盗撮のような映像が続くので早送りしたくなった。内容もさほどなくつまらない。一家族を壊滅させるのを盗撮録画してコレクションにする異常者を盛り上がりもなく描いた凡作です。

  • idy********

    5.0

    ネタバレ「388」だけでは題名として役立たず

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koi********

    5.0

    ネタバレリアリティは無いけど映像は面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ass********

    5.0

    久しぶりにナタリ作品

    ランドール作品となってますが、ナタリファンの私にとってはそちらの方(ナタリ総監督)が大事。 場面こそ違えど「CUBE」以来の名作です。 場面中の存在するカメラ映像で進むストーリーは低予算映画とかにありがちですが、効果的な手法。今回は盗撮カメラ。 CUBEと同様に人物の人格が徐々に壊れて行きます。正確には人為的に壊されていきます。普通だったのに最後は破綻している姿はまさにCUBE。 恐怖と疑問の対象は最後まで謎のまま。コレは完全に種明かししてしまうと、溜飲が下がってしまって恐怖が払拭されてしまいます。 種明かししないと納得しない客もいますが、それはなくてもいいんです。

  • pop********

    2.0

    デモテープ

    音楽に例えると、デモテープ段階のものをそのままリリースしてしまったような、そんな感じの映画です。メロディが悪くないだけに、ちょっと残念です。

  • kurumi

    5.0

    ネタバレヴィンチェンゾ・ナタリ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    3.0

    ネタバレリアルな怖さがある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sup********

    3.0

    設定の面白さ活かしきれず

    CUBEのヴィンチェンゾ・ナタリが製作総指揮を務める不条理スリラー。 POVホラーなんだけど、視点が被害者側じゃなく、 加害者が仕掛けた盗撮カメラって言う点は新しい。 この着眼点は悪くは無かったんだけどさ、 肝心の中身はあんまだよなぁ。 まず、被害者側の旦那。 DQNやからさ。 なんかイマイチこいつ哀れ感がなかった。 この辺りはもっとシンプルに、 被害者善良って設定でイイと思う。 大半の人間が自分は善良で正義側だって思ってるからさ。 クズでも。 だから善良な方が共感しやすいんよね。 本作は共感が無いんだよ。 いくら犯人視点だからと言って 共感の対象は被害者。 このキャラをもっと簡単にして欲しかったかな。 設定の目新しさも、全体的に話が地味で、 中盤にだれる。 加害者視点ならさ、こうエロ的ななんかがあってもいいよね。 無いしね。 もうちょい観客よりで物語構築できてればって思う。 悪くはないけど、惜しい。

  • hid********

    1.0

    またも迷惑な地雷映画

    たまたま、TV局がそれを放送した為に観る人だって居る。 この系マニアじゃない人間にとって迷惑千万な映画。 製作者もマニアもサディズムが強い者同士で、 上映会だけやって集まって楽しんで観ればいいのだが。 サスペンスとかのタグ付けで、騙すのは詐欺。 観る前に一言でも不条理なるワードがあったら観ないように するしか自己防衛手段が無いってのも厄介。

  • gfq********

    1.0

    素人向けな映画ではない

    倍速で見ました。 事前知識全くなく、「388」というタイトルにそそられてWOWOW録画で見ました。 盗撮のような映像が多いので、出演者の顔とか表情とかよく読み取れませんでした。 出演者の人柄を想像させないテクニックなのか? だとしたら、想像できないなんて面白くないです。 一体なんなんだ?という気持ちにはさせてもらいましたが、 展開が遅くイライラしました。 普通、ドキドキさせるところでしょ?なんでしょうが残念。 撮影の仕方が変わっているから、これから映画を撮りたい!って人の参考にはなるかも。 私は全く楽しめませんでした。

  • gor********

    1.0

    自分は未熟者か

    とある夫婦が、正体のわからない何者かに、 盗聴、盗撮、まあありとあらゆる嫌なことをされるという作品ですが、 何度途中で、『こんなつまらないもの見るのやーめた、 いやまてよ、まだ面白くなる可能性あるかもだから もうちょっとガマンしてみるべ』 ほんとこの我が心のせめぎ合いの繰り返しでして、 で、とどのつまり、見なきゃよかったに辿り着くんですが、 にしても、酷い作品ですわ。 途中放棄もいいところ、 映画としての体すら成していません。 この作品をちょっとでも誉めることのできない自分は まだまだ未熟者なんでしょうか~、自問自答。

  • lop********

    1.0

    ネタバレ時間と金返せって思ってる人多いんでは

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Moean

    1.0

    クソ映画

    時間の無駄。この手の映画を賞賛する人は、他人とは違う自分に酔いたいだけのいわばナルシスト。ストーリーも不気味でサイコ野郎のただの犯罪記録。映画としても着地点のない駄作。人間描写も雑。

  • sak********

    3.0

    犯人像の説明欲しい

    ラストが、あれぇ~? 雰囲気とか犯罪手口は怖いです。 悪くは無いけど、もぉ少し練って欲しかった。もったいない

  • tan********

    3.0

    普通!(笑)

    この手の映画は見慣れてますが普通です。 こんな感じで締めるのなら、もっと犯人に対してイライラムカムカしたかった。 狙われた家庭にもっと同情したかった。 普通の中の普通ってことで☆3つ

  • ind********

    1.0

    こういう映画は

    いやだ。

  • kin********

    5.0

    非常に素晴らしい作品!

    いやぁ、実に素晴らしかったですね! ただ、多くの方のレビューにもあるように賛否両論ある作品だと思います。 特にラストはこの手の作品を見慣れていない方からすると後味が悪いかも… 個人的にはこの終わり方で十分! イライラ感、絶望感を楽しまないと!続編も必要ないですね!

  • doo********

    1.0

    予告編に騙されました

    予告編をみて期待して見ましたがなんの捻りもなくとてもつまらないです。 盗撮映像で撮影されていてなんかパッとしない映画です。 これを見るくらいなら他の映画をみた方が良いです。

  • myb********

    2.0

    POVのモキュメンタリーはNo More

    不条理サスペンスというので観てみたら、よくあるPOVのモキュメンタリーで早々にげんなりです。タイトルも安易に主人公の家の番地が「388」っていうだけでひねりも特になしです。 「POV」っていうのは「Point of View Shot」の略で、登場人物の手持ちカメラの映像を演出した手法で、最近みたばかりの「トロール・ハンター」や古くは「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」、「REC」など。この手法を使った擬似ドキュメンタリーをモキュメンタリーなどと言って、面白がってマネをする映画が数多いようなんですけれど、もはや使い古しで少々うんざりします。 本作の場合は謎の犯人がストーカーのように手持ちカメラと主人公ジェームズの家や勤務先のいたるところに設置してある隠しカメラで撮ってる映像っていう体(てい)ですけれど、少しひねりを加えただけでマネはマネ、ウケると思って作ってるんだかどうだか。 体(てい)にこだわるせいで数台ある固定カメラのいくつかのアングルの繰り返し、返す返すですけれど何が楽しくってこんな映画・・・っていう感じでしょうか。覗き趣味があるヒトはこういう映像スキなのかもしれませんけれど、それ以前に脚本があんまり面白いとは言えません。オチも良くありません。私だったら違うエンディングを考えていました。 ジェームズは「ターミネーター3」でジョン・コナーを演じたニック・スタールっていう俳優さん。POVはもうたくさんです。

  • いやよセブン

    3.0

    388番地

    夫婦喧嘩をした若夫婦、夫が仕事から帰ると置手紙があり、妻は居なかった。 妻の姉夫婦や昔、いじめた同級生を疑うが、妻は見つからない。 映像はほとんどが固定された隠しカメラのもので、時々、手持ちカメラになる。 最初の方でラストが読めてしまうのだが、不気味さは楽しめる。

1 ページ/3 ページ中