マーガレット

MARGARET

150
マーガレット
3.0

/ 69

28%
13%
20%
13%
26%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • edge803

    2.0

    日本人感覚にはない何か?

    ワンシーンに時間をとっても感情が入ってこない。 主人公は自身の罪を 他人にぶつけるばかり。 日本人には無い言動?感情?なのか、 感情移入しづらい登場人物たち。 モヤモヤが残る映画だったかな!

  • rec********

    3.0

    素敵なおいらくの恋

    リサを本当に打ち砕きたかった壁はどこに立ちはだかっていたのか?彼女と同世代の方々がどう捉えているのか興味深い所です。 ケネス・ロナーガン『マーガレット』 日本未公開だそうですが意外ですね。様々な魅力を備えているだけに勿体ない話です。 J=ジョン・スミスとジャン・レノの逢瀬は特に好きです。私などには無縁な話ですがステキな老いらくの恋ですね。

  • k_k********

    2.0

    モヤモヤが残る。

    自分がバスの運転手の注意を引いてしまったために起きた事故。一人の女性が亡くなった。はじめは怖くて虚偽の証言をしたが、罪悪感に苛まれた主人公リサは、証言を覆す。しかし、女性を轢いた運転手当人は反省の色もなく、保身のために逃げる。怒り狂ったリサは、運転手を解雇するため、訴訟を起こす… というプロットには惹かれました。 しかし、色々な別のストーリーがごちゃごちゃたくさん絡まって、とにかく長い。母親の恋模様とか必要か?ジャン・レノの無駄遣いも甚だしい。 伏線なのか蛇足なのかわかりませんが、結局最後まですっきりしないし、理不尽を描きたかったならもっとシンプルに描いた方が心には響くと思いました。 悪くはない映画ですが、非常にモヤっとしました。

  • kan********

    1.0

    ストレスがたまる・・・

    150分というかなり長すぎる作品。 なんか別々に撮ったシーンを不自然につなぎ合わせた感じで 観てて疲れてくる。。。 しかも盛り上がりなく長時間やるので、かなり好き嫌いが分かれる作品ですね。。。 しかも主人公のリサも先生を誘惑したり、ヤリマンで中絶もするし、 ウソつきだし、偽善者だしで、なんか偏った正義感を ダラダラと観さされてるのは結構痛々しいものがある・・・ 何が言いたい、伝えたい映画なのか本当によくわかんないまま時間が ムダに長く過ぎてくだけの内容です。 しかも登場人物の顔が似てる人もいるし、名前もよくわかんないので、 そういうところもかなりストレスでした・・・ なのでオススメできない。。。

  • arp********

    5.0

    ネタバレ視聴者に突きつける孤独と構造

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 武蔵

    1.0

    ネタバレなぜマーガレット?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fukumimi

    1.0

    疲れる映画

    主人公のリサが原因で起こった死亡事故にも関わらず、 バス運転手を罰することで、自分の罪も償えると思うが如くのワガママっぷり。事ある毎に大声で捲し立てる姿に、見ていて始終イライラさせられる。豪華なキャスティングにも関わらず、生かしきれておらず、何が言いたいのか支離滅裂な映画。

  • mok********

    1.0

    ネタバレ不快感。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • myb********

    2.0

    不躾な少女に何を思えば

    まず150分って長さがどうでしょう。最初からこれだけの上映時間と知ると、ほんとにそれだけの長さが必要なんでしょうかって思いながら観るんですけれど、案の定余計なシーンが多すぎたって気がします。 アンナ・パキン演じるリサは多感なお年頃で、ママに似てお互いに相手に関心がなくって自分のことばかりしゃべる女子で、不躾に年配のヒトに失礼なことを言う感じの悪いコです。 そんなリサの独りよがりな振舞いのせいで女性が事故死してしまうのに、自分を納得させるためにバスの運転手(マーク・ラファロ)を訴えて失業させようと躍起になります。 ママの恋人にジャン・レノ、学校の先生にマット・デイモンなど、チョイ役がやけに豪華なせいでしょうか、本来のテーマからぶれてあちこち欲張ってしまったのも、余計なシーンを増やす結果に結びついた気がします。 リサを主人公としているのに、彼女の嫌なところばかりを描いているので、共感できないし不愉快に感じるヒトもいると思います。運転手ばかりを断罪しようとして、彼女を諭すような存在がいないのも問題で、唯一被害者の親友が図星をついたのがせめてもの救いです。 タイトルの「マーガレット」はリサの学校の授業の教材として、ほんの数秒出た運転手の奥さんの名前として作中に出ます。 被害者の亡くなった娘が同じリサっていう名前だったり、被害者とリサのクラスメイトが同じモニカっていう名前だったり、監督が考えたちょっとした仕掛けがあったりもしますけれど、観る側にとっては「だから何?」っていうていどでそもそもタイトルからして伝わりません。監督もリサといっしょで独りよがりな感じのする作品でした。

  • tak********

    1.0

    ネタバレまとまりがない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nan********

    1.0

    ネタバレユダヤ人向け。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sac********

    5.0

    良作です。

    冒頭ではスローモーションで街を歩く人々が執拗に描かれ、登場人物の会話は怒涛のごとく続き、風景だけを長回しするシーンなどは確かに長いと感じます。 しかしそれは必然的な長さであり、イライラやもどかしさで煮え繰り返した主人公の心情でもあり、この主人公はいったいどこに行き着くのだろう、とどんどんと引き込まれていきます。 主人公のリサは、走行中のバスの運転手に話しかけ、赤信号を無視し横断中の婦人を巻き込んでしまう。 婦人は抱きかかえられたリサの中で絶命する。 リサは運転手と暗黙の了解で真実を述べず、信号は青だったと嘘の証言をする。 そこから日常生活を普通に過ごそうとするリサだが、すべての歯車が狂い始める…。 罪悪感と恐怖感のストレスで、周囲の人に攻撃的になったり、自傷行為をしたり自分を見失うリサ。再会した運転手は反省の色を全く見せない。 自分の証言を正し、訴訟を起こし運転手を首にしようと行動するが、あらゆる壁に阻ばまれる。 リサの周りで起こることが、リアルでした。失なわれた命を目前にし、自分がついた嘘に苦しみ、そこからどう生きるのか。どう人と関わっていくのか。深く考えさせられます。 母親、先生、警察、クラスメイト、ボーイフレンド、亡くなった婦人の親戚、友人との確執。 リサ役のアンナ・パキンの名演が光っていました。ここまで自分の感情を剥き出しに出来るのは素晴らしいと思います。 マット・デイモンをはじめ、キャストは豪華絢爛です! 重い題材で、長い物語ですが、深いです。ラストは必見だと思います。 その後、

  • いやよセブン

    4.0

    因縁の作品

    撮影は2005年、いろんな訴訟を経て、公開されたのは2011年、作品の長さで製作、配給、監督がもめたらしい。 主人公は女子高校生のリサ(アンナ・パキン)、バスの運転手(マーク・ラファロ)がかぶっていたカウボーイハットの売り場を知りたくてバスを追いかけ、運転手がわき見したときに信号が赤に変わり、渡りはじめた女性を轢いてしまい、女性は死亡する。 警察の聴取では信号は青だったと嘘をつくが、日にちが経つにつれ良心の痛みに耐え切れなくなり、警察に真実を話し、運転手を逮捕してくれと言い出す。 これが芯となる話だが、加えてイスラムのテロとアメリカ軍の関係や過激なユダヤ人などが熱く語られる。 豪華な出演者だが、リサに感情移入できるかどうかで、150分の長丁場が変わってくる。 私はこんな娘は耐えられない。

  • bel********

    1.0

    ネタバレ“落ち度”の着地点…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fub********

    2.0

    何が言いたかったの?

    主人公は自らの軽率な行為で一人の人間の命を奪ってしまったという激しい罪悪感を感じ、バス運転手の罪を問うため奔走するのだが、その行為は自らの罪悪感を少しでも軽くするための自己中心的なものに過ぎず、その罪悪感も被害者への懺悔や憐憫というよりは人の命を奪った事への後悔(生涯人殺しの自分と向き合わないといけない恐怖とも言える)。そのような身勝手で傲慢な主人公が命ある限りこの事実に苦しみ続ける(ラストシーンでの涙は彼女の業の深さを表したものだろう)という救いのないテーマであり、この映画の作り手はこの映画をどういう意図で制作したのかと思わざるを得なかった。

  • スナフキンM

    1.0

    ヒステリー映画

    かなりひどい。とにかく、ヒステリックな感情むき出しの罵り合いのシーンばかり。主人公も自分の罪悪感から解放されるために奮闘しているだけで、自己擁護、自己満足、自己主張ばかり。 あんまりいい人は出てこないし、感動、共感するシーンまったくなし。関係あるとは思えない、人種差別やテロ問題などもでてきて、狙いがわからず。支離滅裂です。 主人公の演技、狙いなのかもしれないけど、うるさいし、目をむき出し、あれが迫真の演技というなら間違っていると思う。みていて気分が悪くなった。

  • kmk********

    1.0

    ヒューマンドラマ=・・ではないという作品

    今作はあらすじに惹かれて見てみましたがちゃんとここの評価を見て見ました。 それでもあらすじのほうが強かったので見てみましたが、演技は凄いと思いますがストーリーがムダに長い。 それでも若干退屈しましたがそれでもなんとか全部見れました。 キャストが豪華ですが見ないことを強くおすすめします。 主役に感情移入できません。なぜ主役はそんなことを事故後にするのか?おおよそ理解はできます。人間はいつ死ぬかわからないから。交通事故で明日にも死んでしまうかもしれないから。 ここまで(主役の心情が)よくわからないヒューマンドラマは初めてです。

  • arc********

    1.0

    『マーガレット』

    マット・デイモン好きで、選びましたが、ちょい役の上誰でもいいんじゃないかって役でした。脚本も、2年掛けたとの事ですが、深みがわからない。セックスするシーンや、反抗的なシーンが有り、思春期を描きたかったのか、さっぱりわからない。 ただ、見ていてイライラさせるのが、狙いなら大成功です。 どうしても、自分勝手で独りよがりのガキの話にしか感じない。 命の尊さを訴えたいのか。 兎に角、面白くない。この女優も今後見たくないイメージもついてしまった。デイモンもマイナスイメージでした。 ただ、私にも失敗した点は、グットウィルハンティングを想像して、自分自身期待が大きかったのかも知れません。 最終的には、人それぞれだと思います。

  • mel********

    1.0

    ネタバレ「マーガレット」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uso********

    3.0

    ネタバレ豪華キャスト、衝撃のオープニングからの…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中