ここから本文です

マーガレット (2011)

MARGARET

監督
ケネス・ロナーガン
  • みたいムービー 7
  • みたログ 179

3.03 / 評価:65件

“落ち度”の着地点…

  • bel******** さん
  • 2013年10月3日 10時46分
  • 閲覧数 932
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヒロインのリサは、ふとしたことからバスの運転手にわき見運転をさせ、結果的に死亡事故を招いてしまう。
とっさに運転手をかばう嘘の証言をしてしまうが、次第に被害者への罪悪感に苦しむようになり…

わかるわかる。とっさに言ってしまった嘘が苦しくてイライラを募らせる気持ちはわかる。
でも、観客の同情心がピークに来たところでなぜか路線がおかしくなる。
「嘘の証言を謝罪したい」のかと思ったら、なぜか「運転手を解雇させたいのよ!」と叫ぶリサ。
え、ちょっと?あなたの過失から事故になったんでしょ?
死亡事故そのものは運転手にも責任があるしリサに法的な責任が無いにせよ、その問題はどこにやっちゃったの?
さらに運転手が過去に事故を起こしてる、チャンス!って…??
彼らの落ち度の着地点がうやむやでまったくわからない。

作品に関しては、マット・デイモン、マシュー・ブロデリック、ジャン・レノ…オスカー級の有名俳優が軒並み、まさかの脇役。
ジャン・レノにいたっては透けて見えそうなほど人間的な重みの無い会社社長…。
なぜマット・デイモン?なぜマシュー?なぜジャン・レノ???
配役に関しては☆マイナスにしてもいいくらいです。

舞台女優として母として人生を歩む母親や、リサのボーイフレンドたちとのやりとりはリアルでとても良かったし、自分と重ねて観る事ができた。
でも『レインメーカー』のような正義が勝つ!みたいな展開を期待してしまうとこの上ない失望感を味わうことになる残念な作品。長いし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ