ここから本文です

ブロンソン (2008)

BRONSON

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
  • みたいムービー 46
  • みたログ 342

3.25 / 評価:187件

チャーリー〝ファッキング”ブロンソンに笑

  • sol***** さん
  • 2020年11月25日 11時20分
  • 閲覧数 96
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

とにかく凶暴で手の施しようがなく長期拘留するしかないある英国囚人を誇大戯画化し、ブラックコメディ仕立てとした作品。

シリアスさや深刻味は全然なく、心地よい茶化し劇といった風であり視聴は苦にならない。
説得力有り過ぎの凶暴男を演じた主演男子、そして脚本と演出三位一体の勝利ですね。

ブロンソンの名はは別に本人が望んだわけではなく、ケンカファイターネームとして本人はチャールストン・ヘストンを希望していたが、プロモーターが弱そうな名前とケチをつけ(気の利いたセリフだったが忘れた)「チャーリー〝ファッキング”ブロンソン」と命名。そこにツボってつい吹きだしたしまったよ。笑

ギャグが巧みという他に女には暴力を振るわないというのも安心視聴の鍵。

ありゃ刑務官も大変だわと官側に同情する気分が大となっていたので、ブロンソンがボコられ血まみれのエンドも嫌悪感が残らず見終えられたという珍しいパターン。

ブラックビターなニヒル笑いに浸りたい時は悪くないかも。

3.6の四つ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ