2013年2月9日公開

スタードライバー THE MOVIE

1502013年2月9日公開
スタードライバー THE MOVIE
2.9

/ 51

18%
18%
25%
12%
27%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • ペイ太郎

    2.0

    なんだかんだで総集編

    冒頭のシーン?街での戦闘シーンとエンディングは新作アニメでしたが中身は殆ど再編集の総集編。展開速すぎで各キャラの良い所無し・・・映画というよりも時間が無い人のためのスタドラですかねwDVDで観たのですが全体として台詞のトーンが低かったかな~たぶんもう一度は観ないかな。

  • nob********

    3.0

    TVシリーズを見た人は行く必要ないかも

    えー、予告や公式サイトでは総集編+後日談のように書かれてましたが、冒頭にちょろっと状況不明なバトルシーンがあっただけで中身はほぼ総集編です。 総集編としての出来自体は文句ありません。 新規追加シーンあり、メインとなるキャラのエピソードはだいたい網羅、設定関連もちゃんと説明できているので初見でも楽しめると思います。 が、ファンとして見たかった後日談がまったくと言っていいくらい描かれてないので、TVシリーズを見た人には勧めづらいです。 冒頭のシーンだけでも気になる要素は大量にあるのですが… なお、この後日談?のバトルシーンはさすが映画という感じにダイナミックでパワーアップしたタウバーンが暴れまわっててカッコイイです。 予告はありませんでしたが、完結編もしくはTV二期やってくれる事を期待します…

  • kwt********

    4.0

    ただの総集編? なーんて思うキミには..

    まさに「人生という名の冒険はつづく」という構成。 話を知った上で劇場版を見る人が大多数でしょうから、 端折り過ぎじゃない? という意見もわからなくはないところですが。 ただの総集編、と言い切ってしまうのは浅い気もしますね。 「あー、すっきりした!」となるためのもの。 見えていない人には、伝わらないかもしれません。

  • rin********

    3.0

    青春謳歌

    TVシリーズは鑑賞した事が無く映画で初めてスタードライバーを楽しみました。 アゲて行こうぜ!共に青春を謳歌しよう。銀河美少年等の台詞に呆気にとられました。 銀河美少年? 数年後も美少年名乗るのか? 銀河美少年~美青年~美中年~美老年? うっ....美しくない。 青春を謳歌と言うだけあり学園を舞台にした青春ロボットアクション作品と捉えましたがワコとスガタが好きになれない。 スガタはワコを自分の者にしたかったタクトの存在が邪魔だった感がある。 結局は格好付けて良い所を見せようとして自爆。 ワコは空気の読めない女って感じで私は2人の美少年に守られてます感が否めない。 脇を固めているサブキャラが魅力的なので150分の上映時間も飽きずに鑑賞できました。 各.キャラの抱えている心情の描き方が良かったです。 戦闘シーンの迫力もスピード感も見応えあり。 ただ....何故にタクトとスガタはワコなんかに惹かれたのだろうか? 私的には直球勝負のミズノちゃんが好みなんだけどな~!!w

  • den********

    1.0

    このパンフに1200円はあり得ない。。

    その昔、劇場版銀魂新訳紅桜編予告で神楽ちゃんが語っていた「新作カットのひとつふたつ入れとけばやつら全員ダマせるアル」を見事に実証した作品でした。。「テレビ版」のファンなので上映前にパンフレットを買ったのですが、それすら後悔したのはあの「ヤマト復活編」以来でしょうか・・スタドラに少しでも興味のある方はdvdで「テレビ版」を、どうしてこうなったのかパンフレットを読んでもサッパリなエピローグ部分や追加カットがどうしても気になるという旧来のファンはレンタルされるまで待たれるのをお勧めします。(パンフでは盛り上がっていましたが、私にはそれ程効果のある追加とは思えませんでした)

  • gyu********

    1.0

    ネタバレうわっ…銀河美少年の映画、総集編過ぎ…?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gyo********

    1.0

    総集編映画

    内容は他の方もタイトル通りの総集編です。 新作は冒頭と途中と終わりというのが何とも(合計時間10分くらいじゃ?) ハッキリ言って総集編じゃなく内容が新しい別のかと思って観たら ガッカリだよ。銀魂は素直に楽しめたのにこの落差はなんだ? イメージワードが泣けるというのは悪い意味でです。 あと時間の関係か客席ほぼ満席でカップルやサラリーマンといった年齢の大人がちらほら見かけたのが意外でした

  • miy********

    4.0

    ただし美少年に限る

    ※レビュータイトルに特に意味はありません。 真面目な顔して「銀河美少年」なんて言われても コイツ頭オカシインジャナイノ? と思っちゃいがちですが 言っているのが天下の宮野真守クンなので ならしょうがないか、と 力尽くで納得させられてしまう というアニメです。 自分でも何を言っているのかよくわかりませんが お前は何を言っているんだという人は そもそもこの映画を見ないので特に問題ありません。 TVアニメ版は見ておらず 女性キャスト陣に惹かれての鑑賞です。 よくわからない悪い人達が よくわからない空間で悪いことをしていて よくわからない良い人達が よくわからないロボットに乗って 世界の平和を真守、じゃなかった守るお話。 何しろ全25話を150分に詰め込んでいるので 初見の僕にもダイジェスト感がビシビシ伝わってきました。 そこは半ば覚悟の上で鑑賞したものの もうちょっと取り上げるエピソードを絞るとか 思い切って登場人物の数を減らすとか じっくり時間をかけて話を練り直すとか なんかやりようがあったような気もします。 たくさんのエピソードを無理矢理詰め込んでいるので 過程はすっ飛ばして結果と結果の羅列に終始している感じ。 ミズノ&マリノの双子姉妹のエピソードなんかも 非常に印象深いキャラでありお話なんですが 如何せん映画に於いては本筋との絡みが薄く 正直そこだけ浮いちゃって見えました。 しかも、色々と詰め込んで語り口が せっかちになっているにも関わらず 上映時間150分と長い。 せっかちな話が延々と続くので 若干ダレがちになりそうなところを 最後まで引っ張ってくれたのは 偏にキャスト陣の魅力の賜物。 特に主役の三人が良かったです。 いつも安定した演技の宮野真守。 自然体の演技が印象深い早見沙織。 クールな福山潤も格好良かった。 あと、神前暁の音楽も良かったです。 TVシリーズのファンの方がどう感じるかはわかりませんが 初見の僕はそれなりに楽しめました。 ただしやっぱりダイジェスト感が凄く気になったので 評価としては☆三つ。 キャスト陣の頑張りに☆一つおまけ。

  • haf********

    4.0

    原作未見ゆえに楽しめました。

    映画館のディスプレイに惹かれて早い時期に都心の映画館で前売券を購入。映画館が発売枚数を整理するために前売券の裏面に記入しているであろう数字は1500番台。原作未見、予備知識も全くありませんが、それだけの人が関心があって買っているということ自体にびっくり。まだ見ぬ作品に期待も高まります。公開当初は予定が合わずこの度ようやく鑑賞しました。 原作未見ですので比較はできないものの明らかに総集編なのでしょう。(エンドロールでも「TVシリーズ○○」みたいなのがいっぱいありましたので…。観終わって他の方のレビューを見て確信しました)ただ、私は原作未見ゆえにこれはこれで楽しめました。(結果、駆け足ですが世界観というか話の流れはある意味順番通りに観ることができたことになるのでしょうから) 総集編的要素が強い作品のため原作やTV版のファンの評価は低くなりそうだが、個人的にはキャラや世界観も馴染みやすいし気に入ってます。原作未見者の入り口としては十分楽しめました。映画というよりは世界観に星4つとし、続編なりの次作があれば期待したい。

  • ama********

    3.0

    総集編だけど

    TVの総集編でした。 やっぱり大きな画面で見ると同じ内容でも全然違うなと思いました。 冒頭のシーンや最後の方のシーンは迫力がありました。 スタドラが好きなら一回見てみてもいいかも。

  • ton********

    5.0

    映画ってすごい

    テレビは見たことがなく、タイトルだけ知っていて、それでいて大変興味がありました。150分もあるから、きっと楽しめるだろう。見終わって感想は、初見だけではわからないところだらけ。でも音楽はすごくいいし、ラストはゾクゾクするし、まとまりもいいし、予想していたより面白い。あとで、パンフレット見て、しばらくたって、ブルーレイ全話を購入し、25話見てみました。でも、映画のすごさの方が勝っていました。150分の方が無駄がなく、つながりがわかるし、巫女もちゃんと描いていると思います。他の登場人物はいなくても…OKです。メイン3人で十分

  • sil********

    3.0

    ネタバレ拘りなければ地上波待ちでよし

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • さくらそう

    3.0

    『TVアニメはもっと面白いんだろうなあ』

    TVアニメは未鑑賞、予備知識もほぼ無い状態での鑑賞。 見終わった後で思ったのが「TVアニメはもっと面白いんだろうなあ」という感想。 これは良く言えば 「未視聴だった『スタードライバー』への興味を持たせるのに成功した」 となりますが、悪く言えば 「この総集編映画だけでは『スタードライバー』の魅力を十分伝えられなかった」 となります。 未視聴ながら「ここは相当はしょったな」と思うシーンがチラホラ。 例えば序盤ではいきなり戦闘が開始して敵が何人かコロコロ代わって攻撃してくるのにあっさり勝っちゃうとこなど。 元々が2クール25話、1話の本編を20分とすると500分もある作品を150分にしなきゃいけない訳ですから相当カットするのは当然ではあるのですが・・・ その序盤~中盤のカットの結果、終盤では 「これはきっとあそこのカットしたシーンがあればもっと盛り上がってたのかな~」 と思う場面も。 ラストバトルで敵だった奴が味方に!というベタだけどアツい展開も、 「あなたと戦ったシーンほぼカットされてましたから!ってかお前ら誰だよ!」 なんて思ったりしましたし。 とは言え、「タクトvsスガタ」といった否が応にも盛り上がる場面はしっかりと尺を取って盛り上がってました。 全体として編集で破綻しているような場面も無かったので、未視聴な人が見る分には特に問題は無いかと。 既に視聴している人にとってはもしかしたらテレビで十分と感じるのかもしれませんが。 最後に気になった点。 ○随分と「山佐」の看板が出てましたが・・・きっとそういう事なんだろうなあ ○んで、「銀河美少年」って結局何さw

  • かちゃ

    4.0

    ちょっと消化不良ぎみですが

    それなりには楽しめました。 私はTVアニメを途中から観始めて、設定や世界観があまりよく理解できていなかったので、総集編として鑑賞しました。 そのため、冒頭の新宿での戦闘シーンにそれほど期待してなく、失望感はありませんでしたが、説明不足には感じました。 TV全25話の総集編+新作カットを150分にまとめたのは少々無理があったかも知れません。 タクト・スガタ・ワコの3人とワコ以外の巫女3人に話の焦点を絞ったのはいいのですが、どなたかも書かれていたように、ミズノ&マリノのエピソードが長かったように思いました。(私は個人的に好きなくだりですけど) それに比べると、サカナちゃんやケイトに関するエピソードがあっさりしていたという印象です。 他にも、謎のままの部分が少なからずあり、できれば二部作くらいにしていただきたかったのですけど・・・。 ☆4にしましたが、実際には☆3.5という評価でしょうか。

  • ユキコ

    4.0

    ネタバレ新規カットについて

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • war********

    5.0

    ネタバレ楽しめました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • khs********

    5.0

    ネタバレなかなか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nyb********

    4.0

    圧倒的な情報量ですが、初見でも大丈夫

    テレビシリーズは未見ですが、 続編ではないので置いてけぼりを食らうことはなかったです。 但し、情報量が非常に多いので、集中して見る必要があります。 世界観設定などは作中で説明してくれますが、 言葉で説明せずにそれとなく示唆したりするシーンもあるので、 映像や演出から意味を読み取る必要があります。 不安な方はwikiなどで予備知識を仕入れてから 鑑賞したほうがいいかもしれませんね。 上映時間150分、圧倒的な情報量に疲れました(笑) テレビ版が2クールあるので、 いくら3時間近くの長丁場とはいえ、 それでもそれなりにカットしなければなりません。 テレビシリーズは未見なので、 具体的にどこがカットされたのかは分かりませんが、 挿入歌を背景音楽として、 ダイジェスト形式に映像が流れるシーンがありました。 その手法は「ブレイブストーリー」でも使用されていました。 しかし、あの作品がドラマ部分を大幅にカットしていたのに対し、 本作では、戦闘シーンをダイジェスト映像のようにまとめていました。 それに付け加え、サカナの語りによって、ダイジェスト映像を映画的に自然な演出にしたのは見事でした。 その分、主役三人のドラマ部分に尺が割かれています。 それが青春映画として巧く機能していて、 スガタ、タクト、ワコの関係を興味深く見守ることができました。 タクトとスガタが殴り合うシーンは、 ベタなシチュエーションではありますが、だからこそ見ごたえ十分でした。 ほぼ満席の劇場にはアベックもいましたが、 デートムービーとして見ても悪くない映画だと思います。 戦闘シーンの作画は見事ですね。 異空間で繰り広げられる躍動感溢れる戦闘シーン! ぬるぬる動くだけではなく、 光の使い方や動きのメリハリが大変気持ちいい。 冒頭部分は新作カットでしょうか? "あれ"をスクリーンで見られただけで、 劇場に足を運んだ価値はあると感じました。 ただ。 やはり尺が足りなかったのか、 シーンの繋ぎや会話の間などが、 割と無視できないレベルで不自然でした。 しかしそれを差し引いても、 ★4つ分の映画体験はさせていただきました。 綺羅星☆

  • kby********

    3.0

    ネタバレ人生という冒険は続く、そして未だ決着は…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dis********

    2.0

    総集編

    テレビはあまりに退屈で途中で試聴をやめました で映画というと かなりカットしてあるのか前半はかなりテンポよく進む(話はつまらない) 中盤、後半が中弛み これなら映画用に作り直したほうがよかったんじゃ…

1 ページ/2 ページ中