レビュー一覧に戻る
スタードライバー THE MOVIE
2013年2月9日公開

スタードライバー THE MOVIE

1502013年2月9日公開

nyb********

4.0

圧倒的な情報量ですが、初見でも大丈夫

テレビシリーズは未見ですが、 続編ではないので置いてけぼりを食らうことはなかったです。 但し、情報量が非常に多いので、集中して見る必要があります。 世界観設定などは作中で説明してくれますが、 言葉で説明せずにそれとなく示唆したりするシーンもあるので、 映像や演出から意味を読み取る必要があります。 不安な方はwikiなどで予備知識を仕入れてから 鑑賞したほうがいいかもしれませんね。 上映時間150分、圧倒的な情報量に疲れました(笑) テレビ版が2クールあるので、 いくら3時間近くの長丁場とはいえ、 それでもそれなりにカットしなければなりません。 テレビシリーズは未見なので、 具体的にどこがカットされたのかは分かりませんが、 挿入歌を背景音楽として、 ダイジェスト形式に映像が流れるシーンがありました。 その手法は「ブレイブストーリー」でも使用されていました。 しかし、あの作品がドラマ部分を大幅にカットしていたのに対し、 本作では、戦闘シーンをダイジェスト映像のようにまとめていました。 それに付け加え、サカナの語りによって、ダイジェスト映像を映画的に自然な演出にしたのは見事でした。 その分、主役三人のドラマ部分に尺が割かれています。 それが青春映画として巧く機能していて、 スガタ、タクト、ワコの関係を興味深く見守ることができました。 タクトとスガタが殴り合うシーンは、 ベタなシチュエーションではありますが、だからこそ見ごたえ十分でした。 ほぼ満席の劇場にはアベックもいましたが、 デートムービーとして見ても悪くない映画だと思います。 戦闘シーンの作画は見事ですね。 異空間で繰り広げられる躍動感溢れる戦闘シーン! ぬるぬる動くだけではなく、 光の使い方や動きのメリハリが大変気持ちいい。 冒頭部分は新作カットでしょうか? "あれ"をスクリーンで見られただけで、 劇場に足を運んだ価値はあると感じました。 ただ。 やはり尺が足りなかったのか、 シーンの繋ぎや会話の間などが、 割と無視できないレベルで不自然でした。 しかしそれを差し引いても、 ★4つ分の映画体験はさせていただきました。 綺羅星☆

閲覧数477