レビュー一覧に戻る
ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
2013年2月16日公開

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

HINDENBURG

1102013年2月16日公開

shi********

2.0

役者とスタッフが背伸びをしすぎると…

謎はいくつも提示されるものの、あまりスリリングには展開しない、ちょっと気の抜けたような作品。 史実に基づきつつも、オリジナルの陰謀説を提示しており、おそらく脚本の段階では、それなりに緊迫感はあったように思うのだが、役者たちの演技やカット割、そして撮り方等が、その味を台無しにしているような印象を受けるのだ、 さらに致命的なのが、使用されている曲のセンスで、とにかく軽い。 意外性を持たせたかったのかもしれないが、完全に裏目に出ている。 ヒンデンブルグが炎上して墜落するシーンは、当日撮影された映像をなぞるような感じで迫力があるものの、元々が一瞬に起こったものであるのに、内部のパニック的な状況を何度も見せて、停滞感が出てしまっているのが残念。 なにはともあれ、役者に魅力が感じられず、スタッフも背伸びをしているような印象を受けてしまうこと受け合い。 それにしても、ヒンデンブルグ炎上後の取って付けたような展開は、いったい何? もっとドキドキする演出ができなかったのだろうか?

閲覧数231