ここから本文です

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 (2011)

HINDENBURG

監督
フィリップ・カデルバッハ
  • みたいムービー 17
  • みたログ 69

2.33 / 評価:36件

飛行船ファンとしては歓迎

  • sho******** さん
  • 2015年9月28日 22時14分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

DVDで観ました。私は飛行船自体が好きで旧『ヒンデンブルグ』を含め、関連する映画はできるだけ観ていますが、飛行船内部の描写や、ナチが偽装事故を自ら仕掛けたという設定には、ドイツで2011年に制作されたテレビ映画という前提からすれば、それなりに評価できる点があると思います。レーマン社長とプルス船長は船内での騒動から爆弾テロを着陸前に知っていたという設定や、エピローグでのエッケナー会長の言動も、荒唐無稽なようでいて、当時のツェッペリン社がナチの「被害者」だった事実を背景にしています。キャスティングや演出についての難は他のレビューにおまかせするとして、個人的にはドイツ語版でDVD化して欲しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ