世にも奇妙な物語 2012 秋の特別編
3.6

/ 34

35%
26%
15%
12%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)

悲しい5.3%かっこいい5.3%勇敢5.3%不気味5.3%パニック5.3%

  • aqu********

    5.0

    相席の恋人は傑作です。他もいいですよ~

    心霊アプリ 学習塾の事務員(大島優子)は、塾生徒から「ケータイで心霊写真の合成写真が撮れる」「心霊アプリ」を教えてもらう。 アプリのバージョンアップの通知。「自分が撮った写真を幽霊として使える」機能が追加。そのあと良くないことが立て続けに起きていく。 ストーリーも怖かったが、ビジュアル的にけっこう怖くて目を背けた作品。 恐怖度ではベスト20に入るのではないだろうか。 ★ 来世不動産 気づくと田中(高橋克実)は草原に倒れている。遠くに建物は「来世不動産」と書かれた不動産屋がある。 ここでは人生を振り返り「善い行い」や「悪い行い」を「ポイント換算」してくれ、それに応じて来世の生き物(物件)を決めることが出来る。 来世で「ミル貝」を勧められるくだりは相当面白かった。 ★ 蛇口 自宅にいる雄一(伊藤英明)に知らせが入る。 妻(森口瑶子)が一酸化炭素中毒で倒れて搬送されたというのだ。 庭のテーブルにはなぜか錆びた蛇口が出現していた。 この蛇口は、人の生き死に関わっている場面で雄一の目の前に現れるのだ。 そして出てくる水の色でその生死が分かるのだ。 蛇口の存在も怖いが、雄一のたくらみがとても怖かった。ラストもよい。 ★ 相席の恋人 スズ(倉科カナ)は恋人の良樹(佐野和真)と同棲中。 幸せなはずの同棲生活は亀裂が入り始めていた。 良樹の仕事が多忙なことが理由だった。 なじみの喫茶店で突如めまいに襲われるスズ。 ふと気がづくと、お客はスズ一人になり、相席で座った老紳士(宇津井建)は何故かスズの名前を知っており、「僕はスズの恋人だ」と言い出した。 彼は未来からやってきたのだという。 全体的に非常に良く出来た作品で、今回の中でナンバーワンだと思った。 感動的な作品だった。 ★ ヘイトウイルス 今から50年後の話。 人類の憎悪の元凶は、「ヘイトウイルス」という細菌の仕業であることが研究によりわかったのだ。 ワクチンが作られ、「ヘイトウイルス」を完全に死滅させることが出来るようになった未来だった。 その感染者やワクチンを管理する団体に勤務するサエキ(草彅剛)がいた。 彼のもとに「ヘイトウイルス」感染者によってサエキの妻が殺害されたことが報告される。 非常にインパクトのある作品で、どんでん返しも効いていた。 ★ 5作品ともメリハリがあって良作ぞろいだった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
世にも奇妙な物語 2012 秋の特別編

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-