ここから本文です

たとえば檸檬 (2012)

監督
片嶋一貴
  • みたいムービー 39
  • みたログ 83

3.42 / 評価:57件

心にひっかき傷ができる。

  • cinemania_zero さん
  • 2012年12月30日 3時11分
  • 閲覧数 1443
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

初日に観に行ったのに、なかなかレビューが書けなかった。心についたひっかき傷のようなものを説明する言葉が見つからなくて。
カオリと香織、展開される二つのストーリーが最後にしっかり絡み合い、胸にストンと落ちる。登場人物は皆、人との関係をうまく構築できない人たち。母子の共依存。アルコール中毒。セックス依存症。妊娠した女を受け入れられず捨て続ける男。テーマは重く、共感できたとはとても言えないけれど、でも…。
最後に出てきたあれは、救いだったのか?それともあれがあるために永遠に呪縛から逃れられないのだろうか?今も答えは出ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ