ここから本文です

たとえば檸檬 (2012)

監督
片嶋一貴
  • みたいムービー 39
  • みたログ 83

3.42 / 評価:57件

古田を温ねて新太を知る。

歳をとっても、身長は変わらないだろ。胴回りはかなり変わるが。この古田演じる定番の怪しげな人物が何度か画中のTVに出てくるので、無関係な人物ではないのは早い段階で判る仕組み。

で、ヒロインの名前も同じなので、これも最初から無関係では無いいう入り。
時代背景とか小道具とか見てれば、時代を錯綜させてるのも判る。

これだけだと、ミステリーの作り。そこに境界性なんちゃらとか言う心の病を盛ってきて、意図的にストーリーを複雑、シリアス化してるのだが、それじゃあ病でない人には益々判らない。

最後に伏線を回収したつもりなんだろうが、それではやはり、ミステリーの作り。病とは違和感が増すだけ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ