ここから本文です

オー!ゴッド (1977)

OH, GOD!

監督
カール・ライナー
  • みたいムービー 19
  • みたログ 95

4.02 / 評価:48件

これ見るとアメリカを信じたくなるから困る

  • shinnshinn さん
  • 2014年5月2日 8時23分
  • 閲覧数 1261
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

世間的には桂作扱いだけど、自分的には名作か傑作です。ジョージ・バーンズの「必要な物はすべて与えた」このセリフ心に響きます。神様の役に立派な体躯でギリシャ彫刻のような顔をした如何にものチャールトン・ヘストンみたいな役者じゃなくて、アメリカのショッピングモールならどこにでも居そうな、小っちゃいおじいちゃん(往年の芸人さんだそうですね)を持ってくるところに親しみとセンスを感じる。共演もトム・ハンクスとかジム・キャリーみたいなプロの若手コメディアンじゃなくて、役者としては半素人のジョン・デンバー(カントリーシンガー)を添えて、この二人がとてもいい味を出してます。奥さん役のテリー・ガーのなんと可愛い困った顔(この人、いつも困ってます)。胡散臭い宗教家たちや裁判官の配役にも手を抜いてません。ドナルド・プレゼンス(大脱走大好き)、ラルフ・べラミー(ハリウッドの大ベテラン)、ポール・ソルビーノ(ミラ・ソルビーノのおとうさんだとか)みなさん上手い。そして音楽がいい、やっぱり映画における音楽って重要です。ラストシーンの神様のうしろ姿にジ~ンと来ました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 知的
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ