ここから本文です

裏切りの戦場 葬られた誓い (2011)

L'ORDRE ET LA MORALE/REBELLION

監督
マチュー・カソヴィッツ
  • みたいムービー 39
  • みたログ 101

3.48 / 評価:42件

人権だけでは語れない映画

  • ain***** さん
  • 2013年10月27日 19時50分
  • 閲覧数 753
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

若い時に観てたら、なんて非道なんだと
政府批判にまわっていたと思うが、
死亡者が出て、おまけにテロと解釈すると、
現場でいくら相手は過激派ではないと言われても、
政府側では国のメンツや、穏便派や強硬派と
様々な意見がある分、簡単に穏便な方向に
持っていけないであろう。

その分現場の当事者の脱力感が痛いほど
よくわかる気がする。
離れた場所からの指示決定はどの世界でも
現場を痛めつける術でしかないものだ。

最後の兵士目線からの戦闘場面は
戦争の生々しさが伝わってむなしかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ