ここから本文です

リターン・トゥ・ベース (2012)

R2B

監督
キム・ドンウォン
  • みたいムービー 17
  • みたログ 87

3.29 / 評価:65件

大義なき戦争映画。

  • CONRAD さん
  • 2013年8月19日 22時30分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

前半1時間と後半の50分くらいが、全く毛色の違う韓国映画。
前半1時間は、主演男優のプロモーション・ヴィデオ。
ピ(Rain)という日本でも活躍した韓国人アイドル歌手が演じているらしいが、ボクはほとんど彼のこと知らねー。
映画「トップガン」(1986)のトム・クルーズを真似て、空軍パイロットを演じるピさんことチョン・ジフンが、サングラスをかけたりバイクに乗ったり上半身裸になったり、カッコつけまくるんだけど・・・
如何せんトム・クルーズぢゃないものだから、様にならないし、顔立ちは良くないし。
まあ、ぶっちゃけて云うと“ブ男”なんですね。
格好良くない男子のプロモーション・ヴィデオを観ても・・・

納得いかないのは後半50分くらいの部分。
クーデターが起こった隣国北朝鮮の戦闘機が、なぜか韓国を直接攻撃。
韓国領空内にやすやすと侵攻した北朝鮮戦闘機2機が、ソウル上空を飛び交うどころか、ふつーに街を攻撃して市民を大虐殺。
当然?韓国戦闘機が追尾しているんだけど(それも全くリアリティ不足だけど)、上層部からの命令がアリエナイ・・・
「大勢人が住む居住区だから、被害が甚大になるから、攻撃するな」
みたいな。
そのまま北朝鮮戦闘機の攻撃を見逃す方が、被害甚大だろ?
何の罪もない一般市民が、どんどん死んでいくどころか、空軍仲間のパイロットも撃墜されてひとり死亡。
ピさん、自分のお兄さん殺されて、めっちゃ怒る。
わかる・・・わかるよぉ~。
結婚を控えた将来、未来、希望あるお兄さんだったのに。
自分は理不尽な命令のせいで何もできずに、
兄さん殺したパイロットを見逃したんだもんね。
でもさ。
でも。
日常の生活を送っていたら、突然上空の戦闘機から機関銃撃ちまくられた一般市民たちはどうよ?
あんなに死傷者や被害出しちゃって・・・ってそこは悔やまないのかよ?
いや、悔もうよ。

で、
お兄さんはシングル・ファーザーで、まだ幼い男の子がいて。
軍で壮大な葬式するのに、遺影を持たせるのが、息子かよ?!
それって、むごくない?酷くない?
映画的演出にしても、酷くない?
涙流して父の遺影を持っている子どもは、ありゃ、見れんわ。


冒頭の航空ショーはホント、そうだよな。
いやなふざけ方するよ。
あれも映画的演出にしても、げんなりする。


もう、観ていて嫌悪感満載になっちゃう作品・・・
最低です。


GEO rental Blu-ray Disc

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ