2013年2月16日公開

ジャッジ・ドレッド

DREDD 3D

R15+952013年2月16日公開
ジャッジ・ドレッド
3.4

/ 420

14%
30%
40%
13%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

毎分12件もの凶悪犯罪が発生するメガシティ・ワン。そこでは、陪審員、裁判官、刑執行全ての権限を与えられた集団ジャッジが、街の治安を維持していた。ジャッジの精鋭ドレッド(カール・アーバン)は、新人のアンダーソン(オリヴィア・サールビー)と共にギャングを率いるマーマ(レナ・へディ)が支配する超高層ビルに乗り込む。だが、マーマはビルを完全封鎖した上に、住民たちにドレッドの殺害命令を下す。絶体絶命という状況下で、ドレッドは7万5,000人もの敵を相手に戦う決意をする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(128件)

かっこいい19.0%勇敢17.0%絶望的9.5%恐怖8.4%不気味7.3%

  • くま既知

    5.0

    空いた時間あるとついつい・・・。

    まず最初にWOWOWで観て ちゃんとジャッジドレッドしてる!と感心して大満足。 その録画のを残しときゃよかったのに間違えて消してしまった。 それから数年後たまたま中古DVDを見つけて即購入。 で、吹き替えで観たら更にハマった。 亡き藤原啓治さんのストイックな吹き替えがぴったりだし なんと言っても尺が短い。90分。 B級映画でこの長さはかなり楽。 だから、あ、2時間空いてるわと家で感じたらついつい観てしまう。何回観たかなあ。 描写に一切妥協がないからスカッとするし新人女子可愛いし 映画史には残り難い映画だがこういう需要は常にある。 好きだなあ。

  • nisan

    5.0

    ネタバレめっちゃオモローです!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pat********

    5.0

    普通におもろい

    今さら観たが 普通に面白かった 有名な俳優出てるし 残虐描写多いけどおもろい、最後まで顔見せないのが逆に良かった

  • HERO

    3.0

    観ても観なくても、どってでもいい映画

    数年前のFPSゲームのような映画。 携行する銃は、球数制限はあるが、あらゆる弾薬を打ち分けることができる。 回復アイテムはあるが数十秒の治療時間が発生するので注意。 パートナーは人の心を読めるので、必要な情報を手に入れるときや、 遮蔽物に隠れたターゲットを見つけるには役立つ。 移動は特殊バイクでできるが、ほぼ室内での戦いになる。 動画シーンは、 終始ヘルメット着用なので俳優は誰でも良いか。 強いて言えば、口角が鋭角に下がった俳優ならなおいい。 パートナーの女優は、 仲里依紗のように可愛いさが残るのに何故か色っぽい女優が良いかも。 ストレートに悪をブッ倒す世界観を追求しているだけで、 余計な心理描写や、ラブシーンなどがないので中だるみがなく見通せる映画。 心に残ったり、突き刺さるような内容や映像表現ではないので、 時間を割いて観なくても良い映画ではあった。

  • rat********

    5.0

    仮面の奥に正義が宿る!ド迫力に大興奮!

    スタローン版を見たんですが、同時期にやってた「デモリションマン」の方が面白かったっていう記憶しかありません。そんなわけで、この作品の公開時にスルーしちゃったんですよね。何かの機会に見れればいいや、と。 で、今回BSでの鑑賞なんですが・・・ メチャクチャ面白かった!大好きですこの作品。 も~~~、ド迫力の銃撃シーンの数々。容赦ないグロ満載の映像。迫り来る危機、また危機。 相棒のルーキーが、ミュータントって設定も良いですね。ヘルメットを被ってない理由もちゃんとしてるし。また、可愛い顔立ちも最高です。 そして、スローモーションに感じる麻薬を上手く使った映像が、また味がある。ホンッと面白かった! なんでシリーズ化しなかったのかなってつくづく感じる一本でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ジャッジ・ドレッド

原題
DREDD 3D

上映時間

製作国
イギリス/南アフリカ

製作年度

公開日

ジャンル