レビュー一覧に戻る
王になった男
2013年2月16日公開

王になった男

MASQUERADE

1312013年2月16日公開

t03********

5.0

気持ちのいい映画

お話の軸は「王様が暗殺されそうだからちょっと影武者になりすましてもらおうぜ」っていう「替え玉事件」です。 単純といえば単純、ですがこの作品、気持ちよさと気持ち悪さのツボの押し方が実に巧い。 王になり変わった道化師ハソンが、ただの傀儡(操り人形)だった王を演じながら、ホンモノの王(のように)になっていくシークエンス。 それに影響されていく臣下たち。 観客とて感じる「ひと夏の青春」とも言うべき居心地の良さが、来るべき「期限」を迎えた時に訪れる、「あっ宿題がやってなかったわ」というレベルはとうに超越した、気持ち悪いくらいの大ピンチ。 一気にドミノだおしのように築きあげてきた「居心地の良さ」が崩れて崩れて「もうおしまいだーー!」というときに大大大大、大逆転どーーーん!!観客みんな「わははは!悪者ざまああああああ!!」 そして同時に「(この演出)ン゛ン゛ッーーぎも゛ぢい゛い゛ーーー!!」となるカタルシス。 もう最高。

閲覧数3,030