レビュー一覧に戻る
王になった男
2013年2月16日公開

王になった男

MASQUERADE

1312013年2月16日公開

oir********

3.0

ネタバレ偽王男の義心に触発され本物の王になった王

17世紀朝鮮。宮廷における政敵に毒を盛られ病身となった王。王の忠臣は急ぎ風刺芸人を王の影武者に仕立て上げる。 とはいえ王の物まねは出来ても無教養ゆえ政務能力はゼロ。しかし民が苦しむ政策には断固として拒絶。民の為になる政令を実施するよう厳命する。 そのうち王が偽物という事が徐々にばれていく・・・ 偽王である影武者の〝王”としての真っ当な取り組み、知性と心情の成長。 その偽王が取った「王としてあるべき真っ当な姿」に対する忠臣たちの新たな忠義心の芽生え。 そして病身から回復した本物の王の〝王者性”の誕生が物語の骨子。 そこに影武者王と本物の王妃のほのかな恋物語、田舎出の宮廷下女娘への思いやりエピソードなどが織り合わされる。 朝鮮中世ものも何本か拝見しもはや新鮮味はなくなっているが、本作は偽の王に触発され〝本物の王者”となる逃げ腰気味だった王、というテーマがそこそこ見事に描き切られていたという印象。 王が回復したら偽物を殺そうとしていた忠臣たちが偽王の気概に改心し〝本物の忠臣”になっていく様もまあまあ心打たれる場面。 総体的には大いに感動するまではいかなかったけれど普通に良い映画でした。三ツ星

閲覧数2,830