2013年2月1日公開

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL

1242013年2月1日公開
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
3.7

/ 622

19%
46%
28%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

「マリーゴールド・ホテルで、穏やかで心地良い日々を-」という宣伝に魅力を感じ、イギリスからインドに移住してきたシニア世代の男女7人。夫を亡くしたイヴリン(ジュディ・デンチ)をはじめ、それぞれに事情を抱える彼らを待ち受けていたのは、おんぼろホテルと異文化の洗礼だった。そんな周りの様子を尻目にイヴリンは、街に繰り出しほどなく仕事を見つけ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(120件)

楽しい17.1%笑える11.5%コミカル11.2%切ない10.2%ロマンチック9.9%

  • tat********

    4.0

    人の心の繋がりの大切さを感じさせる

    続編。前作から居座っている面々がホテル再建に向け動く。 ホテルオーナーの口任せも相変わらず絶好調だが、その奥にある情熱も伝わってくる。 何よりも、人生経験豊富な老人が味方についているところが強みであり見どころだ。 老人ゆえ、スローテンポで展開するのもいい。 ーー 2022/01/29 8

  • show fujisaki

    4.0

    素晴らしい演技と、キャラクターが魅力

    様々な人間模様を描いた、温かくて、良いヒューマンドラマ映画でした。 特にこの映画で光っていたのは、圧倒的に、役者達の演技です。この映画には多くのベテラン俳優が出ているので、「そんなの当たり前じゃない?」と思う方もいると思いますが、彼らベテラン俳優陣以外のキャストも、演技は素晴らしかったです。これには正直、自分も驚かされた点でした。観る前の期待値を、遥かに超えてきたなと思います。 特に、子役の子。クリケットをするシーンでメインに出てくる子がすごい良かったです。子供らしい可愛らしさと純粋さを、すごくナチュラルに演技していました。観終わった今思い返してみても、実際に現地にいる子供を映したんじゃないかってくらい完璧です。本当に圧巻でした。 メインキャラクターの中だと、ダグラスを演じたビル・ナイが一番良かったです。『アバウト・タイム』と言う別の映画で見たことがあり、演じているキャラクター自体そっちと同じような感じではありましたが、非常に良い役ぶりだなと思いました。内面は心優しくて真面目なんだけど、表面はエネルギッシュなおじさんと言ったような感じのキャラクターです。しっかりと役者自身の魂がキャラクターの中に溶け込んでいたように見えました。 全体のストーリーは、それぞれのキャラクター毎に小さいストーリーが与えられており、それが『マリーゴールド・ホテル』と言う一つの場所を通して、平行に進んでいく、っていったような感じです。なのでそれぞれのストーリー自体はあんまり記憶出来ませんでしたが、キャラクター毎のテーマと葛藤は一つにはっきりしていたので、ごちゃごちゃとした感じではなかったです。とても、スマートな脚本だなと思いました。 ただ、この映画は良くも悪くも、素晴らしい演技とキャラクターを広く浅くに映したような映画です。なのでお気に入りに入るかっていうと微妙です。個人的には、もうちょっと深入りしている映画の方が好きです。ですが、人生を前向きに生きようと思えるような映画ではあります。 映画が好きで、最近観たい作品がなくなって来たって人にはおすすめします。しかしオリジナリティは低いので、他のヒューマンドラマ映画と比べて見劣りしやすいってのが、唯一の欠点ですね。

  • nar********

    4.0

    変化を恐れずに生きること

    本当の失敗とは「やらないでおくこと」 喜びは失望を振り払って手に入れる。 リスクを嫌って冒険を避ける者は何もせず何も得ない。 未来は現在と違う。 耳が痛い・・・ 痛すぎる・・・ 知ってる。 変化を避けてきたから知ってる。 これから何度「一歩踏み出す」勇気を持たなければならない瞬間があるだろう。 変化を「受け入れる」ように努めよう。

  • joz********

    4.0

    カオス

    原題は【The Best Exotic Marigold Hotel】。 インドのジャイプルにあるオンボロホテルに、イギリスからやって来た7人のジジババの物語。 ホントーにジジババですので、それだけで興味が減退してしまいます。 しかし、そこんところを芸達者な俳優たちが、心暖まるコメディーに仕上げるところがミソです。 ぼくの経験では、インドはカオスです。 この映画も丁寧に作られているんですが、物語はカオス気味です。 沢山の物語を詰め込んだのはいいのですが、どれも調理が足らず、全体的な料理としてイマイチの出来になってしまいました。 スパイスである様々なエピソードも、ちょっと非現実的過ぎたかな。 インド未経験の人が見たら、大袈裟な演出と感じるかも知れませんが、実際のインドは描かれたままのカオスです。 物語そっちのけで、インドの風物が懐かしかったです。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    庶民には

    行けない

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マリーゴールド・ホテルで会いましょう

原題
THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ/アラブ首長国連邦

製作年度

公開日

ジャンル