ここから本文です

マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011)

THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL

監督
ジョン・マッデン
  • みたいムービー 286
  • みたログ 1,136

3.76 / 評価:589件

シニア版男女7人恋物語@インド

  • sho***** さん
  • 2017年7月2日 22時34分
  • 閲覧数 1856
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

とはいえ浮かれたラブストーリーではない。
シニアだけに老いや病気、訳ありな過去など、それぞれ抱えているものがあり、それらを背負いつつ余生をインドで過ごすことに決めた7人。しかし勇気あるなぁ。若い頃二度、バックパッカーとしてインドを旅した経験がある者としては、老いてからのインド、しかもオンボロホテル。。特に衛生面で相当キツいんじゃないかと余計な心配をしてしまうが(笑)、それはさて置き、病気とか死とか、人生の辛い面に向き合いながらも自分らしさ、ほんとうに自分が求めているものをそれぞれが見いだしていく。

インドに旅立つ前の各々のストーリーがちょっと引っ張りすぎかな〜って思ったりしたけど総じて俳優陣のレベルの高い演技、脚本の良さで最後まで飽きさせないのは流石。マギー・スミスとペネロープ・ウィルトンとくればダウントンアビーファンなら思わずにやけてしまうだろう(ちなみにD.A.ではバイオレットとイザベルね)。マギー・スミス扮するミュリエル、自身の脚の手術のためにインドにやって来た。最初は思いっきり人種差別主義者だったが、インドが直面するカースト制度を目の当たりにして、マリーゴールドホテルで働くメイドにかつてイギリスの大きなお屋敷でメイドとして働いていた時の自分を思い出す。前半、暗くてこわ〜い顔のミュリエルが後半は別人のように明るくて魅力的なキャラに変わっていく演技のメリハリ、流石、大女優です。イヴリン(ジュディ・リンチ)は老女なのに少女みたいに可愛いらしい。お金ないのにインドに来ちゃって、現地で就活、その魅力的なキャラで気に入られ、コールセンターで雇われちゃうのもわかる。そのイヴリンに心惹かれるダグラス(ビル・ナイ)はいつも静かで大人しいが、不平不満ばかり言っているネガテイブな妻にブチ切れるシーンの演技は圧巻。ホテルオーナー役に「スラムドッグミリオネア」そして最近は「ライオン」でオスカー候補になったデヴ・パテル。この人はいい作品に恵まれるね〜。
インドの美しい風景も良かった。旅行でまたインドに行きたくなった。続編も面白そうなので期待している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ