ここから本文です

マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011)

THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL

監督
ジョン・マッデン
  • みたいムービー 289
  • みたログ 1,177

3.75 / 評価:621件

素晴らしい演技と、キャラクターが魅力

  • lpc******** さん
  • 2021年7月24日 22時27分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

様々な人間模様を描いた、温かくて、良いヒューマンドラマ映画でした。

特にこの映画で光っていたのは、圧倒的に、役者達の演技です。この映画には多くのベテラン俳優が出ているので、「そんなの当たり前じゃない?」と思う方もいると思いますが、彼らベテラン俳優陣以外のキャストも、演技は素晴らしかったです。これには正直、自分も驚かされた点でした。観る前の期待値を、遥かに超えてきたなと思います。
特に、子役の子。クリケットをするシーンでメインに出てくる子がすごい良かったです。子供らしい可愛らしさと純粋さを、すごくナチュラルに演技していました。観終わった今思い返してみても、実際に現地にいる子供を映したんじゃないかってくらい完璧です。本当に圧巻でした。
メインキャラクターの中だと、ダグラスを演じたビル・ナイが一番良かったです。『アバウト・タイム』と言う別の映画で見たことがあり、演じているキャラクター自体そっちと同じような感じではありましたが、非常に良い役ぶりだなと思いました。内面は心優しくて真面目なんだけど、表面はエネルギッシュなおじさんと言ったような感じのキャラクターです。しっかりと役者自身の魂がキャラクターの中に溶け込んでいたように見えました。

全体のストーリーは、それぞれのキャラクター毎に小さいストーリーが与えられており、それが『マリーゴールド・ホテル』と言う一つの場所を通して、平行に進んでいく、っていったような感じです。なのでそれぞれのストーリー自体はあんまり記憶出来ませんでしたが、キャラクター毎のテーマと葛藤は一つにはっきりしていたので、ごちゃごちゃとした感じではなかったです。とても、スマートな脚本だなと思いました。
ただ、この映画は良くも悪くも、素晴らしい演技とキャラクターを広く浅くに映したような映画です。なのでお気に入りに入るかっていうと微妙です。個人的には、もうちょっと深入りしている映画の方が好きです。ですが、人生を前向きに生きようと思えるような映画ではあります。

映画が好きで、最近観たい作品がなくなって来たって人にはおすすめします。しかしオリジナリティは低いので、他のヒューマンドラマ映画と比べて見劣りしやすいってのが、唯一の欠点ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ