レビュー一覧に戻る
インポッシブル
2013年6月14日公開

インポッシブル

THE IMPOSSIBLE/LO IMPOSIBLE

1142013年6月14日公開

ANNE

4.0

手放しで感動したとは言えない苦しい映画

スマトラ沖地震でこんなにも甚大な被害が出ていたなんて知らなかった。 津波に飲まれると、息ができなくなって辛いだろうなとしか今までは思ってなかった。実際は、色んなものにかき回されて、木や枝、車すべてが凶器となりうるのだということを恥ずかしながら初めて知った。静けさから、一瞬で襲い来る津波の恐怖。 この家族は奇跡的に助かったからいいものの、家族を失った人のほうが多いんじゃないだろうか。だから、この映画を観て感動したなどとは、私は言えない。作中に出てきた亡骸の山の中に家族がいたら?布でくるまれた小さな遺体が家族だったら?映画の中では脇役の人だって、その人にはその人のドラマがあり人生がある。その人に焦点が当たっていたら、みんな助かって良かったねでは終わらない。実際に被災地では強盗や強姦なども多発していたという。想像する以上に過酷で悲惨だったはずだ。 子供たちの可愛さに心は動かされた。兄弟再会のシーン。お互いの名を叫びあう兄弟の表情はまさに必死そのもの。途中で出会ったダニエルも天使のように可愛い。あの子が助かって良かった。 ---------------------------------------------- それはごく日常の風景の中にやってくる。津波だけじゃなくとも、この世の中で不慮の事故や災害に遭った人の多くがそう思うのではないだろうか。当たり前にいつもの日常を過ごしているときにそれはやってくる。バス事故で亡くなった若い学生たちも、きっとバスの中ではいつものように寝ていたり、友達と他愛もない話をしていたはずだ。そんな惨劇が起こるなんて想像もしない。まさか命がなくなるなんて思ってもみないだろう。 私は、東日本大震災のニュース映像で今も忘れられないものがある。それは、迫りくる津波を背景に、手前の建物から車に向かって出てくる女性の映像。波はもうすぐ近くに迫っている。それでも彼女はのんびりしている。「早く逃げて!」女性は津波に気づき、急いで車に乗りエンジンをかける。あの津波はもう何秒もしないうちに到達するだろう。その車が走り出して山の上にたどり着くまでどのくらいの時間を要するのだろうか。車が発車する前に撮影者の人は非難をしたため映像はそこで終わっている。 あの女性はその後どうなったのだろうか? それがずっと気になって忘れられない。その女性が母に重なってしまったのもある。母はパートをしていてその女性と同じ白い軽に乗って通勤をしていた。その女性も仕事が終わって家路につこうとしていたのかもしれない。すぐそこに津波が迫っているなんて思いもせずに。今日の夕飯の食材を買って帰ろうと考えていたかもしれない。そんなごく日常の風景の中にあの津波が映っていたのだ。 どうか彼女が、助かっていますように。 今でも切に願っている。これはあくまでも私の想像でしかないが、津波がきたとき死にもの狂いで逃げようとした人もいるだろうが、いつものようにのどかな時を過ごしている間に津波に襲われて、何が起きたのかも理解しないうちに命を落とした人も多いのではないかということ。私が恐怖を感じるのはここなんだ。毎日生きているということは当たり前じゃない。いつ何が起こるかわからない。 あの映像が忘れられずしばらく落ち込んでいた私に夫が言った。 この前の軽の女の人、助かったみたいだよ。 あれは夫のウソなのか、本当にその後テレビでやっていたのか、夫の勘違いなのかはわからないから、真相は永遠にわからない。 夫が出勤するとき、父が夜勤に出るとき、母がパートに出かけるとき、いつも思う。どうか今日も無事で帰ってきてくれますように。 被災者の皆さんにはかける言葉もない。経験したことのない人間がどうこう言えるものではないと感じるからだ。そんな苦しい映画であった。

閲覧数2,442