ここから本文です

インポッシブル (2012)

THE IMPOSSIBLE/LO IMPOSIBLE

監督
J・A・バヨナ
  • みたいムービー 336
  • みたログ 1,017

3.77 / 評価:581件

色々と考えさせられた

  • ishii19840909 さん
  • 2013年6月11日 13時20分
  • 閲覧数 548
  • 役立ち度 39
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分は関西出身で、阪神大震災の身の回りにあるものが凶器となって襲ってくる、あの揺れの恐怖は未だに忘れられない。
2年前、東日本大震災にも東京で遭遇し、揺れの恐怖はあまりなかったものの、毎日TVで流される津波の映像にただただ恐怖と現地の方の不安を慮って、涙してました。

昨日試写会でこの作品を見る機会があり、
冒頭の部分の描写には、若干気分が悪くなるほどの迫力を感じた。
俯瞰映像でしか見ていなかった、誤解をしていた津波の恐怖をまざまざと感じた。
正しく、阪神大震災で感じた、身の回りにあるものが凶器となって襲ってくるあの所在のない恐怖と同じものをそこに見ました。

メインのストーリーとしては、助かった家族の話。
俳優の演技力も相まって、情に訴えてくる泣かされた場面が多々あるものの、そんな場面の直後や最中には、画面の端々で犠牲になった人もいるという描写が出てくる所に公平さと真剣さを感じた。(あんな生易しくないという意見もあるが、凄惨さをまざまざと見せつける事が目的の映画でないのだから、自分は良いと思う。資料館の映像ではないのだから。)

自分は阪神大震災で被災したが、阪神大震災の特集などは自らの意思で観たし、例えば、映画「その街のこども」も観ておかなければと思って観た。
東日本大震災の被災者の方々も、観るのは辛いと思う。
観たいと思った人だけが観れば良いと思う。別に誰も強制したものでは無いし。
(偶然見てしまって、気分を害される方もいらっしゃるかもしれないので、作品内容の説明は配給会社の方には徹底してもらいたい。)

地元関西の人には是非、見てもらいたい映画だと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ