レビュー一覧に戻る
嘆きのピエタ
2013年6月15日公開

嘆きのピエタ

PIETA

R15+1042013年6月15日公開

nxc********

4.0

人間の描き方が深い

WOWOW視聴。何気なく見始めたら引き込まれて釘付けに。 ヴェネチア?で最高賞獲ったのが解ります。韓国映画の「容赦なさ」が私は好きなので、「パラサイト」がイケる人には大丈夫でしょう。 同じ貧困問題を描いてても、日本の映画だとここまでやらない。生ぬるいな、と思ってしまう。 韓国映画の人間の描き方が、表層的でなく深く複雑で、この映画でも主人公と謎の女の二人の微妙な感情変化が見事でした。 人間の中には、優しいものも残酷なものも同時に宿ってる。そこを誤魔化さないので、胸にせまってくるのです。 グロい部分はいっぱいありますが、そこもまた韓国映画だな、と。グロも芸術ですから。 監督は昨年コロナで亡くなられたのですね。びっくりしました。

閲覧数719