ここから本文です

METライブビューイング/モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》 (2012)

  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

4.50 / 評価:2件

解説

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演される、モーツァルトの傑作オペラ「皇帝ティートの慈悲」が劇場で鑑賞できる『METライブビューイング』2012-2013の第4弾。紀元前1世紀のローマ帝国フラウィウス朝の皇帝と周囲の者たちが織り成す愛と憎しみのドラマを重厚かつきらびやかなタッチで描かれる。イタリアを代表するジュゼッペ・フィリアノーティとバルバラ・フリットリ、メゾ・ソプラノのスターであるエリーナ・ガランチャの豪華競演と美声にも圧倒される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

紀元1世紀のローマ帝国。父親から王座を奪取した皇帝ティートを憎むヴィッテリアは、自分に思いを寄せるセストに彼の命を奪わせようと考える。ティートの親友でもあるセストは、友情と恋心の間で葛藤した末に、神殿に放火しティートを殺そうとする。そんな中、ヴィッテリアがティートに皇妃として迎えられるという予想していなかったことが起きる。やがて、ティートの殺害を企てたことを悔やんでいたセストはその事実を彼に告白し、ヴィッテリアも首謀者だったことを打ち明ける……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ