ここから本文です

ダイ・ハード/ラスト・デイ (2012)

A GOOD DAY TO DIE HARD

監督
ジョン・ムーア
  • みたいムービー 222
  • みたログ 2,794

2.82 / 評価:1600件

ラストだーい

  • kun***** さん
  • 2017年2月6日 8時57分
  • 閲覧数 1592
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダイ・ハードはこの後でないから、本当に終わったのでしょうかね?
キャラクターは良いからアイデアは色々出ると思うけど。
本作を見て思いだしたのは、オリジナルの場面と被ってる物が多いって事ですね。
天井のガラスを打ち破りバラバラ降り注ぐのを思い出し、これってオマージュ作品なんじゃないか?と色々な物をオリジナルと重ねるとストーリーから色んな場面から、一致するところが多い。
ヘリ、爆破、車、タクシー運転手の音楽、
雰囲気が全く違ってるから、ダイ・ハードらしくないって意見が多いけど、これはオリジナルダイ・ハードによく似てる。

根本的に間違ってる放射能物質取り扱い。
中和剤で放射能は消えたって、そんな物が有るなら、そっちを売った方が良いだろうみたいな。
濃縮ウランがトランクに山積。
放射能があんな薄い物で遮断出来るのか?
多分分厚い鉛か何かの容器で保管し、人が抱えるのは無理だと思う。
でそれが爆破され散乱してしまうので、人は被爆し、そう長く生きられない。
ヤクザ同士の様な争いじゃ済まない。
国家安全レベルなので、福島爆破レベルなので、軍政府機関が大騒ぎになる。
スリーマイル島事故がアメリカでは余り人々に広がらなかった所為でしょうね。
核物質放射能放射線に対する知識が日本人より相当劣ってる。
東北震災2011年から2年後の作品で,之はアンポンタン。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ