ここから本文です

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 6 宇宙と地球と (2013)

監督
古橋一浩
  • みたいムービー 15
  • みたログ 221

3.79 / 評価:126件

終幕に向けての舞台をそろえた!

  • xeno_tofu さん
  • 2020年5月17日 1時15分
  • 閲覧数 48
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

連邦軍からも狙われるネェル・アーガマ。その立ち位置が、ネオ・ジオンとの共闘から、独りで立ち上がることに変わるまでが描かれた今回。

モビルスーツの活躍は少なく、ネェル・アーガマでの会話劇が主体になる。
スペースノイドの自立のため、地球を外したサイド共栄圏を築くことを掲げるフル・フロンタル。地球も宇宙も両立できる可能性を探ろうとするミネバとバナージ。
ネェル・アーガマとガランシェール、バナージがかかわった隊の共闘体制にあって、ネオ・ジオン、連邦。その対立軸で、収束に向かう。

オットー艦長が啖呵を切って、「彼らに指一本触れてみろ! その首をねじ切ってやるぞ 若造!」「あんたらは軍人じゃない! やはりテロリストだ! テロリストと交渉はせん!」。
それに対してブリッジで小さくガッツポーズが出て、艦内のネオ・ジオン制圧に動く流れが今回の山場。これまでのエピソード通じてだが、かっこいいオッサンが出る作品にハズレはないな。

マリーダとジンネマンとの関係がより深まったのもよかった。
ラプラスの箱をめぐってフル・フロンタルとネェル・アーガマ隊との競争が始まり、バンシィを駆るリディとユニコーンガンダムのバナージとの激突で次回に続く。さて、どういう終幕になるのか。楽しみしかない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ