2013年1月11日公開

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

龍門飛甲/FLYING SWORDS OF DRAGON GATE

PG121212013年1月11日公開
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝
3.0

/ 134

10%
19%
40%
22%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

明の時代の中国辺境に、60年に1度の砂嵐が訪れようとしていた。旅宿「龍門」には宝の都が300年ぶりに出現すると聞きつけたチャン(グイ・ルンメイ)率いる盗賊団が集結。そこへ皇帝の子を宿した官女スー(メイヴィス・ファン)と侠客(きょうかく)リン(ジョウ・シュン)、スーの命を狙う宦官(かんがん)ユー(チェン・クン)や、彼を倒そうとする義士ジャオ(ジェット・リー)らが集まって来て……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(50件)

かっこいい17.6%勇敢12.6%楽しい10.9%スペクタクル10.9%ファンタジー9.2%

  • たりまろ

    4.0

    ジェットリー主演というより、チェン クン主演作品

    チェン クンの大ファンなので私は美しく強いチェンクンが見れてそれだけで満足。旦那はジェットリーファンなのでちょっと不満ぽい。 チェンクン脇役って、勿体無さすぎでしょ!と思っていたら、やっぱりほとんど主役(⌒-⌒; )、二役なので出番も一番多い。 アクションものとして見ればまぁ、まとまっていた気はするが、チェンクン出てなければ2.5点くらい。ジョウシュン出てなければもっと下がるかも。 まぁ、この二人の演技力でだいぶ映画のクオリティが上がってると言っても過言では無いです。 チェンクンがイケメンで美しすぎるがため、悪役だろうとチェンクンを応援してしまう^^; ひたすらチェンクンの美しさと演技力、ジョウシュンの存在感と演技力に浸る映画。 チェンクンとジョウシュンが出ている、というだけで見る価値はある。

  • stillbe

    5.0

    魅力的

    まずは、ワイヤーアクションなどのあり得ないようなアクションが面白いです。 そしてストーリーも、この先どうなるんだろう、と思わせる引きがあります。 リンやチャンをはじめとする魅力的な腕利きたちが、 他人であったのに一つ所に集まってくる様は、 ワクワク感があります。 細かいポーズや動きがさりげなく芝居がかっていたりするのも、 小気味よくかっこいい。 ただ、終盤のあれは、観てる最中は「やり過ぎかなぁ…」と感じてました。 後から考えれば、あれは伏線だったのか?という場面はあったけど。 それでも、その後は、やり過ぎと感じたことが気にならなくなるぐらいに見せてくれます。 特にリンが、魅力的でした。

  • mkc********

    3.0

    映画館で観たかった

    中国の大作アクション映画+3D。 3Dをものすごく意識した映画。これでもかというくらい、剣や槍が飛び交い、映画館で観たらアトラクションみたいで楽しかったと思う。自宅でみると、その映像が不自然すぎて残念。観る環境で評価が変わりそう。 豪華な俳優陣の中でも、悪役が特に美男で終始見惚れた。 高官なんか部下に守られておけばよいのに、みんな強いなぁ(笑)

  • kos********

    4.0

    超人アクション

    人間離れした剣さばきが良かった。 香港のアクション映画っていう感じ。 あの雰囲気の音楽好き。

  • 2.0

    面白さがわからなかったよ

    これ面白い? CGとか使いまくりでなんかうーんって感じだし、主人公があまり出てこない映画って大体面白くないと思うのですがズバリそんな感じ。 他の方の評価が意外と高かったので驚きました。 吹き替え版は森川さんと井上さんが敵サイドでいるので素晴らしいと思います

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

原題
龍門飛甲/FLYING SWORDS OF DRAGON GATE

上映時間

製作国
中国

製作年度

公開日