レビュー一覧に戻る
最高の人生の選び方

最高の人生の選び方

THE OPEN ROAD

-

yxf********

4.0

ネタバレ“最高の人生”とはいわゆる「三惚れ」

原題「The Open Road」、これは分からないです。「最高の人生の選び方」が内容にふさわしい。 かってメジャーリーグで名をあげ今でもフアンの多いおやじさんに、なぜか独身で過ごしていますが、ここにかっての妻から「心臓手術前に会いたい」と言う伝言を息子が持ってきます。 おやじは、これまで野球しか目がなく妻を放っておいてきたことへの戸惑いで会っていいものか、またこの息子にも親としてどう関係が築けるのかと躊躇しますが、息子と彼に同行した元恋人の勧めで会うことにします。 出発にあたり、身分証明の入った財布を忘れたため飛行機に乗れず、オハイオからヒューストンまで車で旅することになりますが、おそらくおやじさんの時間稼ぎでしょう。 この旅で、自分のこれまでの人生を想い、息子との会話通じて、息子は「マイナーリーグの野球選手として頑張っているがいま岐路にあり、このまま続けるべきか、小説家としての道に進むべきか、そして同行している彼女との恋にも悩んでいること」を知ります。親子の間で大喧嘩もありましたが、親としてこの息子に、これからの人生、自分のすきな人生を選び、自分にはできなかったけれど、愛のある幸せを選んでほしいと伝え姿を消しますが、これは息子と彼女への贈り物。 この旅は、母親が仕組んだ息子への人生の贈り物だったかもしれません。 “最高の人生”とはいわゆる「三惚れ」、仕事に惚れ、妻に惚れ、土地に惚れです。 大したこともなくドライブが続くので少し退屈をしますが、しかし心に残る作品でした。

閲覧数2,099