ここから本文です

裁判長 (1918)

PRAESIDENTEN

監督
カール・Th・ドライヤー
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

未評価

解説

 「あるじ」「裁かるゝジャンヌ」「吸血鬼」などで知られるデンマークのカール・Th・ドライヤーの初監督作品。かつて自分が捨てた娘を裁くことになった裁判長の苦悩を描く。上流階級の父から、低い階級の娘とは結婚しないよう厳命されたカール・ヴィクトル。三十年後に裁判長となったカールはある女性を裁くことになったが、彼女は自分の過去の行いによって生まれたカールの娘だった。裁判長として正義感と自分の罪の意識とに苛まれながら、カールが下した決断とは…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ