レビュー一覧に戻る
魔の巣 Manos

魔の巣 Manos

MANOS: THE HANDS OF FATE

68

花京院わしほー

5.0

ネタバレ言うほど糞ではない

作品のコンセプトはちゃんとしていると思う。 簡単に説明をすれば、迷ってきた旅行者の夫婦のうち 妻をハーレムに入れて、夫を召使か、生贄にして暮らす カルト教団的な館の主の話。 脈絡のない警官と、カップル、彼らもいずれ、主の餌食になる 可能性を示唆しております。 (残念ながら本編では関係ありませんが) では、この作品をチープにしている原因はというと 子役である娘の大根さと衣装のチープさ 編集の繫ぎ目の不自然さでしょうか? ハーレムの女性達は、エロ要員としての役割でしかありませんが あの程度の演技は、死霊の盆踊りやエドウッド作品で見慣れてますので この手のB級映画にはつきもの(スポンサー的な要因かと)だと思います。 一応ヘイズコード(ポルノ的自主規制)が1968年まであったので この作品もエドウッド作品のグレンとグレンダ、死霊の盆踊りは ああいった陳腐な女性たちの絡みで性的描写を表現したのだと 思います。 夫役の監督や、奥さん役の女優さん(この人は普通に美人です)の キャスティングは上手くいっております。 限られた予算での作品ですので、演出や技術が追い付いていないのが 残念です。エドウッド作品みたいにベラ・ルゴシ級の人がいれば リピートして見たくなるのですが、その点が残念だと思います。 やはり、黒澤作品における三船敏郎みたいな骨格的な役者さんは 重要だと思います。(エドウッドはルゴシが死んでからも 影武者で作品を作り上げたので天才だと思います。) 音楽や自動車からの背景は俊逸もので、この監督は ロードムービーを作ればよかったのではないかと思います。 まあきっと、スポンサーや供給会社から、当時は オカルト(+エロ)作品が人気だったので 金儲けできるから、そういう作品を作らせられたのかもしれません。 そういう事で、前評判がカス扱いだったので、そのギャップで 星五つにしたいと思います。 この作品の失敗や挫折が、映画界の発展の為に寄与したと 私は思います。

閲覧数185