ここから本文です

リンカーン vs ゾンビ (2012)

ABRAHAM LINCOLN VS ZOMBIES

監督
リチャード・シェンクマン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 56

2.70 / 評価:32件

パクリ!?

  • neo_rasputin さん
  • 2016年2月18日 6時37分
  • 閲覧数 810
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

未見なので、分からないが、恐らく「リンカーン/秘密の書」のパクリだと思う。あちらは吸血鬼で、こちらはゾンビだが。

南北戦争も末期の頃、重要な拠点攻略中に、進軍した兵士がほぼ全滅。唯一生き残り生還(?)した兵士の話を聞く事に。

ところが、その最中、兵士がゾンビ化してしまう。リンカーンは過去にそういった怪物(感染者?)と対峙した事があるのだが、ここでは、何故か余り語らず。

そして、少数精鋭の部隊(というかシークレット・サービス)を連れて、敵情視察、拠点攻略を目的として、その地に向かうが。。。

一言で言えば、低予算の典型的なゾンビ・ホラー映画。申し訳ないが、演出、演技共にお世辞にも良いとは思えなかった。

国民をパニックにしたくないので、内々に処理する為に、少人数での対処というのは分かるが、余りに杜撰な行動にしか見えない。

リンカーンもゾンビ・ハンターとかいうレベルではなく、幼少期に生家近辺で謎のゾンビ大量発生に遭遇して、事前知識を持っているという程度。何故か自前の折折り畳み式の鎌(?)を持っているが、特別に何かあるという訳でもない。

兎も角、無駄なシーン、無駄な展開が多い。加えて、大いに疑問のある展開も多い。中盤は非常に冗長的で、突っ込みどころ満載。

ゾンビも強いんだか弱いんだか。ゾンビが沢山で、超ピンチという事になっているが、所謂、ゾンビ映画の様な緊迫感は全くなく、自分からやられに行っている様な感じ。

物語自体は、リンカーンの晩年の実話を軸にしている様で、ラストの締め方はちょっと感心した。但し、リンカーンの最後を知っていなければ、何の事か分からないので、事前に学習しておいた方が良い。

その他、何気に、後年の有名人らしき人物がちょろちょろと登場するものの、何もいじられずに終了。意味不明。単なるオマージュなのか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ