レビュー一覧に戻る
バイオハザード・アイランド

jss********

3.0

あんまり

ジャケから想像するような、「ゾンビと悪人の蠢く島で、ヒロイン が武器を手に立ち上がる!!」なんて映画では、決してない。 話のトーンは暗く、内容は重い。基本的には終末を迎えた世界の 人間ドラマがメイン。流れとしては「死霊のえじき」に近い。 月並みな言い方になるが、この映画にはそもそも悪人は登場せず、 人物の行動それぞれに理由がある。島の中で行われている、本来は おぞましいはずの行為が、あんまりそうは思えないのは自分が この世界にいたらそれを完全に否定できるだろうかという感情のせいか。 キャラクターの掘り下げが若干不足気味な割にまったりねっとりと 粘っこくドラマ部分を撮る反面、ゾンビ描写は一気にグレードが下がる 気がする。テンポとキレがね、悪いんだな。 そういうのが得意ではない制作陣なんだろうか、随分とアクションがおざなり。 演者は頑張っているのに編集でかなり損をしているのではと思う。 ここをビシッと決めれば作品全体の印象もかなり変わったはず。本当に もったいない。 あとこの作品、もしかしたら自分だけかもしれんが微妙に酔います。 最初は気づかなかったけど、細かいところで画像がブレる。 観ている内に徐々に気分が悪くなっているから、季節柄体調を崩して しまったのかと思った。 ヒロインは可愛くも美人でもないけど、序盤からちょっとエッチい雰囲気 を醸していて、ところどころ挿入されるサービスシーンはちょっとにんまり。 主人公の行いを知ってしまった彼女が、最後はどのように自分の中で 折り合いをつけたのか。ラストの去りゆく船のその後を想像するのも 悪くないかも。 もう一人のヒロインがそっち方面でもう少しだけ頑張ってくれたら ☆が一個・・・増えたかなぁ。

閲覧数1,588