ここから本文です

草原の椅子 (2013)

監督
成島出
  • みたいムービー 81
  • みたログ 388

3.49 / 評価:244件

椅子って辞書で調べると何通りも意味が

この映画では、何個も椅子を出してる。その椅子に夫々の違った意味を込めて物語が進む。

椅子を上手くシンボライズして物語を見ることが出来る、独創的で上手い作り。

椅子って、立場、立ち位置、居場所、社会的地位、組織のポスト、いろんな意味に使える。この中でも、怪獣の椅子や、身障者個人に合わせた椅子、等々、

そこには、家庭の中で居場所が無かった事とか、その人だけに合わせた思いやりだったりが込められてるのだろう。

最後の方のベンチに二人で座るところは、これからの二人の人生を示すのだろうか。

実際にはこんな事はありえない物語ではあって、非現実的な事柄が多いけど、なんか良い映画と思える不思議。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ