ここから本文です

天使の分け前 (2012)

THE ANGELS' SHARE

監督
ケン・ローチ
  • みたいムービー 185
  • みたログ 575

3.47 / 評価:280件

米のダーティハリー、英のエンジェルハリー

  • 百兵映 さん
  • 2018年6月2日 18時47分
  • 閲覧数 599
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 びっくりしたなぁ、もう。スコットランドにもハリー小父さんが居たのだ。アメリカにもハリー小父さんが居たが、あちらは『ダーティハリー』と呼ばれるように、ダーティーそのもの、アメリカの世相の象徴でもあるようだ。

 アメリカに疲れてイギリスに渡ったらいきなりスコットランド、グラスゴーに案内された。そこに、同名のハリー小父さんが居たのだ。

 名前こそ同じだが、こちらのハリー小父さんはまるで人柄が違う。ダーティーとは真逆の、エンジェルというのが合う。私はこの小父さんに、エンジェル・ハリーとニックネームを贈りたい。だって、彼は社会の底辺で無職・非行少年たちに、『天使の分け前』を教え、希望を復活させるという、自らがエンジェルのような人なのだから。ただし、少年たちの「分け前」への道はいささかダーティー。日本人の道徳観には合わない。しかしだね、アメリカのダーティー、ノイジー、クレイジーと比べると、こんなのユーモアのセンスで笑って見られるように思うが、如何。

 しばらく、ケン・ローチ監督の作品を見せて貰おうと思う。前評判では、「社会派」「暗い」ということのようだが、この作品にはそういう空気はなかった。おそらく、彼の代表作ではないのだろう。それでよかったのだ。スコットランドがきれい(暗くはないじゃないか)、キルトの若者がユーモラス。これに、バグパイプでも鳴らしてくれるともっといいんだけど、ま、それは欲張り。ひょっとしたら、うちにも(安物だが)『天使の分け前』が残っているかもしれない。探し出して、今晩はスコッチウィスキーで乾杯しよう。病み付きになるかもね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ