レビュー一覧に戻る
巨神兵東京に現わる 劇場版
2012年11月17日公開

巨神兵東京に現わる 劇場版

102012年11月17日公開

ntm********

4.0

ネタバレミニチュアの可能性を示した作品。

この短い作品は、館長庵野秀明の特撮博物館(東京現代美術館)で見させて頂きました。 東京の町並を光線で破壊する特撮は実にリアルで迫力があります。 光線があたってからやや遅れて爆発するところとかビルが溶けて爆発するところは絶妙の表現です。 また、日本特撮の原点「ミニチュア」の可能性を示してくれたと思います。 ただ個人的には巨神兵のデザイン(駿から何回も駄目出しをくらい苦心の作品という事も十分承知しております。)がエヴァンゲリオンを連想させますがもう少し線を太くしたほうが良いと思います。 大魔人(はにわの顔が怒っているやつ)的要素を取り入れる等。 でも、「芸術は爆発だ」 ではなく「爆発は芸術だ!」でしょう。! 庵野さんは、やはり実写をやりたいのですね。! その後の作品「シンゴジラ」に活かされてます。 「シンウルトラマン」も期待してます。

閲覧数322