ここから本文です

草刈民代 最後の“ジゼル” (2012)

監督
周防正行
  • みたいムービー 5
  • みたログ 26

3.96 / 評価:24件

解説

元バレリーナ、草刈民代の最後のクラシック・バレエ公演を、夫の周防正行監督が映像化したドキュメンタリー。世界屈指の名門レニングラード国立バレエとの共演で、2009年1月31日に行われたアドルフ・アダン作曲の傑作「ジゼル」のステージを収録。愛を求めてさまようジゼルを演じる草刈の魅力を存分に捉えた映像と、さまざまな思いが伝わってくるラストのカーテンコールは必見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

2009年1月31日神奈川県民ホール。日本屈指のプリマ・バレリーナ草刈民代がクラシック・バレエ最後の舞台に挑んだ。草刈は、1973年に小林紀子バレエアカデミーに入門し、30年以上にわたってバレリーナとして活動してきたが、今回がいよいよラスト。名門レニングラード国立バレエとの共演で、演目はロマンチック・バレエの代表作として有名な「ジゼル」。彼女の夫である周防正行監督がカメラを回し、舞台の臨場感とバレリーナ草刈の魅力をまんべんなく映し出す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ