2013年2月16日公開

先祖になる

1182013年2月16日公開
先祖になる
3.9

/ 21

48%
19%
14%
10%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • JUNJUN

    5.0

    感想

    震災後、一人の老人の生活を追いかけた映画。なんてバイタリティーのある方なんでしょう。生きる意味を教わったような気がします。皆さんに観て欲しい映画です。

  • e87********

    5.0

    ネタバレむっちゃ ええええが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mrxx

    5.0

    今年のイチバンだよ

    その辺の商業映画以上に映画でした。 実話には敵わないですね。郷土愛に号泣するよ。 なかなか見る機会ないと思いますが、まだまだ自主上映会があちこちでやってるみたいなので 機会があったら是非見ていただきたいです。

  • kus********

    4.0

    ネタバレ77歳の夢

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mya********

    5.0

    ネタバレドキュメンタリー嫌いの私がお勧めする一本

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dws********

    5.0

    感動しました。

    とても良かったです。近年観た映画の中で、一番行って良かったと思いました。終わってから数日たってからじんわりくる感じです。生き方を考えさせられます。映画の趣味があまり合わない夫と行ったのですが、終わってから二人とも「良かったね」と言い合ったのは久しぶりでした。人が生きていく上で大切なことを教えてもらったように思います。

  • che********

    5.0

    2013年3月11日に観ました

    偶然仕事の休みが3月11日でした。この映画は震災後のドキュメントだけど、全然暗くない。勇気に充ち、逆に観客からちょっと笑いが起こる場面さえある。気持ちを白けさせる「あざとさ」が全くなく好感が持てる。だからこそ余計に悲しみや怖さが伝わる。負けない魂全開の若者が頼もしく、心から「頑張れ!!」と応援する。自然に対しての尊敬の儀式に身が引き締まり、日本人精神の美しさが胸を打つ。「代々伝えて行く大切なもの」は家系でもあるし、自然への畏敬の念もなんだと教えられる。観終わって、凛とした気持ちになった。どんな環境に置かれても、仏壇参りをかかさず、ちゃんとお茶を淹れて飲み、しっかり働く。一心に前を見て生活する77歳の、この精神的若者男性に、日本人の美徳と人間の品格を見た。それが本当に良かった。悲しい話が根本にあるのに、清々しい力強い気持ちにさせてくれる素晴らしい映画。ぜひ、お一人でも多くの方に観ていただきたい。カンヌ映画祭で特別賞を貰ったのに一役かっているかな、と思う場面がある。わかるかな?

  • ear********

    4.0

    稀有な人物を追った土地と木の物語

    久しぶりに観た強度の高い日本のドキュメンタリー。 直志さんという稀有な人物を追った土地と木の物語。 個から東日本大震災と津波のその後が描かれる。 思えば、これまで私が観た “震災映画” は群像から出来事を伝えようとするものだった。

1 ページ/1 ページ中