レビュー一覧に戻る
先祖になる
2013年2月16日公開

先祖になる

1182013年2月16日公開

kus********

4.0

ネタバレ77歳の夢

地元、陸前高田市の気仙町に住むおじいさんの津波で家が浸水、被災した家を建て直すまでのドキュメンタリー。地元の話なので、1回目の上映に行ってきました。 行政が、一度浸水したところになかなか許可を出してくれないのも、自分の住んでいたところにもう一度、家を建てたいと言うのもよく分かる。きこりの佐藤さんは、自分で木を切り、切った木に敬意を払う。「夢だから」そういう佐藤さんの、前向きで頑固なところ、そして、それに協力する廻りの人たちの暖かさがとても微笑ましかった。奥さんとのその後が、気にもなりますが…^^; 1年目の夏、気仙町で毎年行われていた、けんか七夕の山車は一つだけ。青年団たちの「負けたくない」という言葉に目頭が熱くなりました。2年目は山車が二つになり、けんかを行えるようになり、本当に良かった。七夕のシーンは太鼓と笛の音を聞いただけで泣けました。 そして、新しい家から見る、夕焼けと、夕日を浴びる佐藤さんはとてもステキでした。 現在、被災した建物がどんどん解体されています。震災直後の映像は、とても辛いのですが、今解体されている建物が映っている映像にただただ、泣けました。これを撮って下さって、監督さんカメラマンさん、ありがとうございました。 ところで、ドキュメンタリーなので、ちょっと手ぶれ映像に酔いそうになったので、そこはちょっと厳しかったです。

閲覧数1,118