ここから本文です

チチを撮りに (2012)

監督
中野量太
  • みたいムービー 45
  • みたログ 331

3.48 / 評価:224件

傑作だった

親は子供にトマウマを植え付ける。

不仲でケンカする姿、
無視を続ける姿は、子供の脳に残り続ける。

また、仲が良すぎるのも、子供には
異性依存性や、セックス依存を生みやすい。

両親の関係は、子供のその後に影響を与える。

ただ、子供に向かっての愛情が、
子供を悪に向かわせない、唯一の
手段、振り返ってわかることだと思う。

この映画の母親は、
子供の前で争う前に、夫と離れた。

男もできたようだが、
再婚しなかったのが子供にとって
本当に良かった。

絶えず明るく努めてきた、そんな母親に
見えた。

自慢の母親がいれば、子供は自分を大事にする。

他にもいろんな視点でこの映画は語れる。

静かで地味だが、中身の濃い傑作だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ