ここから本文です

L.A. ギャング ストーリー (2012)

GANGSTER SQUAD

監督
ルーベン・フライシャー
  • みたいムービー 225
  • みたログ 1,785

3.48 / 評価:950件

ショーン・ペンを観る映画

  • yvz******** さん
  • 2020年6月9日 10時33分
  • 閲覧数 735
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルからしてもっとハラハラドキドキ…の、中にも人間ドラマや哀しみや…とにかく深みのある作品なのかと思って観たものの、そっち路線ではなかったですね。
敵ギャングがあれだけの人数で機関銃攻撃してくるのに何故当たらないんだっ!
まあもちろん流れ弾が腕に当たる、とかはさすがにあるんですけどね
こちらの撃った弾はちゃんと敵を仕留めるんですよねー何故か。

それからあのガンマンのマックスを慕ってオマケで仲間に入った様な形のナビダって人がもしやコーエンの犬で情報流して彼らを窮地にたたせるのでは…!?とか余計な推測したんですけどね、ええ、ほんと余計でした。
あんな謎なキャラで謎に仲間に入ったのに最後までふつーにイイ奴で終わりましたね笑
このように、特別観ている側の期待を裏切るようなことも、主人公の苦悩とか、余韻に浸れそうな感動なんかもなく淡々と進んでゆく作品です。
少し思ったんですけど、主人公結構脳内筋肉系で、あまり頭はよろしくないかと…。
大した下調べもなく思いついたら即行動!みたいなとこがあって、いきなりコーエンのカジノに銀行強盗ばりの覆面で乗り込んでしまうとか、うそーーん
でしょ…。
映画じゃなきゃ瞬殺されて終了だと思うんですけど
実際逃げ切れずに捕まってるし
実話に基づいてるとの事なのでこういった所が逆にリアリティを感じるところでもありますが観ていてツッコミは止まりませんね

そんな中でもさすがのショーン・ペン!
わっるい奴オーラ全開のショーン・ペン!
こういう役どハマリです、極悪人そのもの笑
ショーン・ペンのシーンだけは別映画かな?って位重みを感じました。
彼がお好きな方は見る価値はアリだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ