2012年12月8日公開

死んでもいいの 百年恋して

R15+752012年12月8日公開
死んでもいいの 百年恋して
2.0

/ 6

0%
17%
17%
17%
50%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

結婚して間もなく夫を事故で亡くした祐加(森下くるみ)は、年を取らない体質になってしまう。やがて30年の月日が流れ、娘の綾香(範田紗々)も母親と同じぐらいの年齢になり、そろそろ結婚相手を家に招くようになっていた。そんなある日、祐加は酔いつぶれた女性を助け、そのお礼だとおまじないのキスをされ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(2件)

ロマンチック33.3%セクシー16.7%ファンタジー16.7%かわいい16.7%切ない16.7%

  • mal********

    2.0

    結局、どっちも執着が強かったんですね。

    2012年に公開された大人のファンタジー映画です。 愛する人を失って、見た目が28歳の止まったまま主人公の女性が、ある出来事がきっかけとなり、再び愛する人と逢うことになるというストーリー。 愛する人に逢いたい。ましてやその人はもう死んでるわけですから、その気持ちはわかります。ただね、愛される側の男性がいる世界は、本作の表現でいえば死人の世界。女性が逢いたい気持ちを募らせるのは当然ですが、死人の世界にまだ居座る男性の方が執着が強いともいえますね。 まあ、最後はそれなりにハッピーエンドを迎えるのは良いですが、ある出来事のきっかけを与える人物の印象が薄いので、映画全体の印象もあまり強くは残りませんでした。

  • ken********

    3.0

    死んでも好きな人

    いまおかしんじ監督が脚本とか贅沢ですね。 死んでしまった好きな人とずっと逢えるなら死んでもいいかなーって思っちゃいますね。 大人のラブストーリーかな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
死んでもいいの 百年恋して

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル