モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声

UN MONSTRE A PARIS/A MONSTER IN PARIS

89
モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声
3.6

/ 50

12%
48%
32%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • chi********

    4.0

    ネタバレ現実も、こうだと良いのに・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • HK

    4.0

    良作!綺麗!お洒落!

    名作ってほどではないですが良作です。まず風景や絵が綺麗!見てて目が癒されます。そして何より音楽がお洒落で歌声が素晴らしい!さすかバネッサパロディとショーンレノン。個人的には恋愛要素も良い後味を残してくれました。恋人と見るのも良いと思いますよ。

  • shoko

    4.0

    見どころは2人の歌とベル・エポックのパリ

    テレビをつけたらちょうどはじまるところ。 フランスの3DCGアニメってどんなのだろうと思って鑑賞しました。 舞台が1910年というのも気になるし。 この年、パリに大洪水があったことは知りませんでした。 はじめはドタバタが気になったけど、子供もみるアニメなんだから仕方ないな、それともこれがフランス風? でも街並みやお店などベル・エポックのパリがみられる背景や美術はとても素敵で、それだけで見る価値あります。 リュック・ベンソン製作というのもひかれた理由だけど、プロデュースであって監督ではないので直接的な影響は感じなかったかな。 ヴァネッサ・パラディがヒロインの声をあてているんだけど、これが本当に可愛かった。 彼女はジョニー・デップと事実婚関係になって知ったフランスの女優・歌手・モデルさんだけど、このCGアニメになった彼女をみてはじめて魅力がわかった気がします。 彼女と一緒に歌を歌う「モンスター」役はなんとショーン・レノン! ショーン・レノンの歌声ってこんな女性っぽい声なのですね。 歌のシーンはとてもよかったです。 ヴァネッサさんはフランス語も英語吹き替えも両方やっていて、私はこの映画を英語吹き替え版でみたけれど、歌はフランス語で聞くのもよいかも。 でもノミっていうのはちょっと嫌。猫のノミに苦労した経験があるから。 フランスではノミに抵抗がないのかな。 モンマルトルとかエッフェル塔とか懐かしい風景が嬉しいです。 オペラ座の怪人がモチーフになったようだけど、私はノートルダムのせむし男を思い出しちゃったな。 ピクサーともディズニーともジブリとも違うフランスのアニメ。 雰囲気を楽しめました。 四つ星進呈です。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ巴里が水浸しになったのは1910年でした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    歌有りきのアニメ

    発明家と配達屋が起こした騒動。 それはノミに振りかけた成長剤によって、奇怪なモンスターへと変身。 パリの街を賑やかしていく。 未公開のアニメというけど、それはフランス産だからだろう。 一応ベッソンがプロデュースしているが、その意味はほとんどない。 ディズニーのように感動させようというのは端から捨てているらしく、音楽が重要なアクセント。 このモンスターが歌声が良いという設定で、まあ都合のいいこと(笑) ヨーロッパ映画なのに終盤はアメリカっぽい作りになっている。 悪くはないけど、ピクサーなどに比べると見所に乏しいと言わざるを得ない。

  • rhd********

    4.0

    ネタバレお伽噺です。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oto********

    4.0

    ネタバレ素敵なCGアニメーションムービー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • n81********

    4.0

    感動!ミュージカルアニメ!

    前から気になっていたのでレンタルしてみました。 ピクサーぽいアニメで、私自身初めはピクサーだと思っていました(笑)実際少しディズニーピクサーに似ているかなと思います。 ヒロインが歌手ということもあって歌が多く、ミュージカルぽさがあります。劇中で使用されてる歌はどれも素敵でした。パリが舞台ということで世界観もおしゃれ。キャラクターも個性的で可愛い。ストーリーも感動的で面白く、大人から子どもまで楽しめる作品だと思います。 素敵な歌とラブストーリーが盛り込まれている作品なので女性の私としてはとても好みでした。

  • nuk********

    3.0

    オペラ座の怪人を元にしているけど

    パリが舞台でヒロインが歌手でパッケージに仮面をつけた大男(実際は強大化した蚤)がいるとなるとオペラ座の怪人を元にコミカル+ファンタジーテイストにしたものかと期待したのですが(しかもヒーローの名前がラウルだった!)、期待よりオペラ座の怪人の良さは踏襲できていなかったですね。 キャラクターデザインや色彩、音楽はとてもよかった! 映画技師の青年やお猿のキャラクターはかわいかったし、パリの街並みは素敵。ヒロイン、ルシールとモンスター、フランクールの歌は見どころ! ストーリーも大まかに見ると面白いです。 ただ、ディズニーやピクサーに慣れてしまっているせいかメリハリが弱い。 キャラクターを皆平等に描写しているので主人公がわかりにくい。群像劇ならともかく、この話の場合はヒロインとモンスターの立ち位置を前面に出して、二人の交流を話の中心に持ってきて欲しかったです。そしてヒーローの自称発明家の青年を一歩後ろに置いて、映画技師の青年とその恋のお相手、お猿さんなどはそのさらに一歩後ろに置くべき。悪役の立ち位置はどこだろう。キャラクターによってエピソードの時間配分や描写の丁寧さに差をつけた方が良いとこれを観てわかりました。あと登場の順番も。最初に登場したのが映画技師の青年で想い人をデートに誘う云々のエピソードがあるので第一印象は映画技師の青年が主で、自称発明家の青年がサブだと思ってしまいました。後に自称発明家の青年がヒーロー的立場になったのでやや話に入り込みにくかったです。 カメラワークや演出もメリハリは弱いです。板で階段を滑り降りるシーンなんかはディズニーだったらもっと大仰に見せていたでしょうね。 個人的にはちょっと物足りない作品でした。

  • hap********

    2.0

    ネタバレ主人公いっぱい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uso********

    4.0

    勧善懲悪3DCGアニメ

    ミュージカル調で、クラッシックなパリの街が舞台のCGアニメーション。 音楽は素晴らしい。 歌手のルシールがステージ上で披露する歌は、どれも出色の出来。 まるでライブバンドの演奏を見ているような迫力で、映画館で3Dで鑑賞したかったと思いました。 字幕版と両方見ましたが、吹き替え版の方が、感情移入しやすいし、子供と一緒に見れるのでオススメです。

  • りゃんひさ

    4.0

    20世紀初頭のパリが舞台の佳作アニメ

    鑑賞した『モンスター・イン・パリ』は、20世紀初頭のパリを舞台にしたフランス製のフルCGアニメーションです。 副題に「響け! 僕らの歌声」と付されており、ヴォイスキャストに、ヴァネッサ・パラディ、ショーン・レノンが配されています。 どんなハナシかというと・・・ セーヌ川の氾濫で街の多くが水につかったパリ。 映写技師の気弱な青年と、機械好き自動車好きの青年のふたりが、ある科学者のもとに荷物を届けます。 科学者は不在。 実験中の薬品が放置されたままなのをいいことに、自動車好きの青年が、その薬品を弄んだところ・・・ あーら不思議。 科学者の助手のおサルさんの声は美声になるは、向日葵は天を衝くほど巨大になるは。 そんな騒動の最中に、なんだか大きな黒い影が、天窓を破って逃げ出したもよう。 それから暫くして、パリの街中ではモンスターが出没し出して・・・ というのが、前半まで。 実はこのモンスターが、先の騒動で、おサルさんについていたノミが巨大化したもの。 心優しく、歌と踊りが大好き。 それに気づいたパリの歌姫は、モンスターを変装させて、舞台にあげたところ、素晴らしい歌声とダンスとギターを魅せてくれます。 でも、街の警察署長官は、モンスターを捕まえて殺すことを決めて・・・ 90分に満たない尺に、かなりの要素が詰め込まれているので、下手するとゴチャゴチャしそうなところを、いい塩梅でまとめています。 日本語吹替版でも、ヴァネッサ・パラディとショーン・レノンの歌は原語でたっぷり聴けますし、前半の伏線が後半に上手く活かされていたりと、なかなかの佳作です。 エンドタイトルでは、製作時に作られたデザイン画やストーリーボードも登場して、オマケの要素もたっぷり。 (でも、このデザイン画やボードを観てしまうと、フルCGよりも、セルアニメでつくって欲しかったなぁ、と、ないものねだりをしてしまいますが) 監督のビボ・バージェロンは『シャーク・テイル』『エル・ドラド/黄金の都』の監督のひとりだったひと。 今回一本立ちして、こんな佳作をつくったので、覚えておきたい監督ですね。 評価は、★4つです。

  • いやよセブン

    3.0

    フランスのCGアニメ

    蚤が巨大化、身長2mになるが気は優しくて、歌がうまい。 この蚤をやっつけて人気を取ろうとした政治家があらわれ、守ろうとする人たちと大騒動。 歌がとてもよく、テンポが日本のアニメ調なのでゆったりと見ていられる。

  • ctw********

    5.0

    美しい

    音楽がとても美しかった。 何度も聴いてしまった。 どんどん、モンスターが好きになってしまった。 セリフもないのに。。 ゆるやかな愛情が漂う作品だったと思う。 ピンチを救う手法も、ファンタジックで素敵だった。 また見たいと思う。

  • abu********

    3.0

    佳作

    フランス製のフルCGアニメ。 発明家と映写技師が作り出した薬が巨大ノミ を誕生させるという、なんじゃそりゃって 感じのストーリーですが、本作の一番の見どころは やっぱり唄とダンスのシーンでしょう。 いい曲ばかり、そして見ていて楽しくなる。 アメリカのCGアニメは能動的にカメラが 動き回るものが多いけど、本作は比較的落ち着いた 画面づくりで、その点はお国柄の違いかなと感じる。

  • cho********

    4.0

    ロマンチック

    音楽が素敵でかわいらしい映画ですね。 ショーンレノンとヴァネッサパラディスのきれいな声が印象的。 ただ、キャラクターにあまり魅力が感じられないところが少し残念だったので-★1

1 ページ/1 ページ中